2018-10-04に更新

Angular2でマークダウンエディタを使うディレクティブ

Angular2で下記のシンプルなマークダウンエディタを動作させるためのディレクティブを作ってみた。

GitHub - nextstepwebs/simplemde-markdown-editor

シンプルとはいえ、プレビューや、全画面表示によるプレビューを見ながらの編集、 ツールバーにカスタムボタンを追加など、結構機能が充実していると思う。 Fork数なども多い。

import { Directive, ElementRef } from '@angular/core';
const SimpleMDE: any = require('simplemde');

@Directive({
  selector: '[appSimplemde]'
})
export class SimplemdeDirective {

  mde: any;

  constructor(private el: ElementRef) { }

  ngAfterViewInit() {
    this.mde = new SimpleMDE({
      element: this.el.nativeElement,
      renderingConfig: {
        codeSyntaxHighlighting: true,
      },
    });
  }
}
<textarea appSimplemde [(ngModel)]="body" ...></textarea>

ちなみに、下記のngModelを使う方法がディレクティブでも可能なよう。

Angularで自作コンポーネントのngModel双方向バインディング - アルファブレンド プログラミングチップス

上記実装後、下記の行を加えておけば呼び出し元の値が連動する。

    this.mde.codemirror.on('change', () => {
      this.propagateChange(this.mde.value());
    });

既存データの編集機能も必要ならwriteValueも実装したり等。


dala00

Crieitの開発者です。 主にLAMPで開発しているWebエンジニアです(在宅)。大体10年程。 業務依頼、同業種の方からのコンタクトなどお気軽にご連絡ください。 業務経験有:PHP, MySQL, Laravel5, CakePHP3, JavaScript, RoR 趣味:Elixir, Phoenix, Node, Nuxt, Express, Vue等色々

Crieitはαバージョンで開発中です。進捗は公式Twitterアカウントをフォローして確認してください。 興味がある方は是非記事の投稿もお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか
関連記事

コメント