オープンソースのCPU ICF3-Zの開発

2021-01-18に作成

ICF3Zアイコン

ICF3-Zを使った並列8bitパソコン Vattlesを考えた。

ボードの目的

ICF3-Zの開発者が記事にするほど、まとまってないけど、大事っぽい話。
内容は更新されるかも。

仮想マシンの機能に注目

これまでCPUプロジェクトを推進するために、まず一般の人に受け入れられるように考えて、すぐに役立つ除算器の性能を前面に宣伝をしてきました。しかし、このCPUが他のCPUに勝るのは仮想マシンの機能があってこそだと考えています。仮想マシンといえば最近、OracleがGraalVMを作っているようです。こういったVMは8bit CPUのような非力なCPUではスペックが全く足りません。そこで非力なCPUにもVM的な考え方を導入できるようにしたのがICF3-Zの仮想マシン機能です。

8bit CPUの世界でGraalVMを作って有名になってくれる人とかがあればなぁ
と。

ただし一般の人は仮想マシンを使わなくても、同じことが実現できると思っているので、仮想マシンの理解を得るより、やって成功しましたというほうがいいと思われます。

とりあえず、仮想マシンが好きな人が集まって、あれこれやれるCPUとして使えるようにしていけば、本当にそうなって、成功者が何人か、出るかもしれない。

8bit CPUなので小規模にすることができるので、失敗しても問題ないくらいにやっていくことができるように思います。失敗しても僕の責任にしないでね。失敗することは故意に、いくらでも、できるので。

参考URL
仮想マシンの加速支援機構つきの新型8bit CPU

ICF3-Zは買収されるの?

ルネサスが買収されるニュースがありました。ICF3-Zがサムスンに買収されることはありません。この話、2月3日の日記に少し書いています。

所有者限定モードのためこのボードには投稿できません ボードとは?

タグ

投稿月