野球リーグスコア管理システムの開発

2019-01-13に作成

image
野球リーグスコア管理システムに関する進捗です。

使っている技術など

  • NodeJS
  • ReactJS
  • netlify
  • MySQL
  • materializecss
  • react-bootstrap
  • react-bootstrap-table-next

旧システムについてはこちらの記事をご覧ください。

残りタスクリスト

trello

所有者限定モードのためこのボードには投稿できません ボードとは?

4/28,29アップデート

打者最終出場日の表示

「全期間通算成績」ページで打者の最終出場日を表示するように実装しました。
例として、「通算打率20位の中で最近出場していたのは誰かな?」
という使い方ができます。
image

チームページ投球成績追加

時間がなくて1か月ぐらい作りかけで放置していましたが、
チームごとの投手通算成績を見ることができるようになりました。
image

デザイン修正

配色をcoolorsを元に見直しました。

  • タブ色の見直し
  • 選手名などのサブタイトルを外野の芝のイメージ色に
  • スクロールバーを内野の土をイメージした若干明るめの色に
  • パンくずリストの追加[階層をたどりやすくなりました]
    image

全期間通算成績の機能強化

投手部門の成績の指標にWHIP・奪三振率・K/BBを表示してソートできるようにしました。

WHIP

WHIP = ( 与四球 + 被安打 ) / 投球回
投手がどれぐらい走者を出しているかという指標。
数値が小さい方が優秀です。打高投低のリーグでは1点台で優秀だと思います。
だいたい防御率の順位と相関があることがわかります。

image

奪三振率

奪三振率(5イニング換算)=奪三振数 ÷ 投球回 * 5
5回投げた場合、投手がどれぐらい三振を奪えるかという指標。
やはり速球派が上位に名を連ねます。7点台はバケモン(笑)

image

K/BB

K/BB=奪三振÷与四球
投手の制球力を示す指標。これまで指標として取り入れていなかったのですが、iotasさんに勧められたので取り入れてみました。
与四球が少なくて三振を取れる投手が上位にきますね。
奪三振率、WHIPと比べてみてみるとなるほど…と思えます。
image

最終出場日の表示と類似度計算修正

image

最終出場日を表示する

現在、野球リーグでは2005年からの打撃・投球成績をExcelで保存しており、そのうちシステムには2010年度から現在までの成績の入力が終わっています。
約10年分の通算成績を見る際に、誰がアクティブなプレーヤーかという判別をできるようにするために、最終出場日を表示する機能を実装しました。

類似度計算の修正

先週、選手間の「類似度」を実装しました。
その際x軸に長打率(SLG)、y軸にAB/K(三振のしにくさ)を採用しましたが、正確さを向上させるため、K/BB(選球眼)をz軸に採用して3次元でのユークリッド距離を求めるよう修正しました。