野球リーグスコア管理システムの開発

2019-01-13に作成

image
野球リーグスコア管理システムに関する進捗です。

使っている技術など

  • NodeJS
  • ReactJS
  • netlify
  • MySQL
  • materializecss
  • react-bootstrap
  • react-bootstrap-table-next

旧システムについてはこちらの記事をご覧ください。

残りタスクリスト

trello

所有者限定モードのためこのボードには投稿できません ボードとは?

1/9進捗

サービスURL

イベント登録フォーム設置

DBに下書き状態でイベント情報を登録するフォームです。
bot対策にrecaptchaを採用しました。

reactJSでgoogle recaptchaを使う

site keyを取得する

コンポーネントを設置する

<ReCAPTCHA
    sitekey="Your client site key"
    onChange={onChange}
  />

レスポンシブ対応

PC画面での表示を2カラムにしました。

1/2 キャップ野球情報局リニューアル

2020.jpg
新年2本目のボード投稿になります。
(新年の実績としては1本目)

キャップ野球情報局

https://cap-baseball.com/

成績管理システムとの連携

今回の改修の目玉は、成績管理システム「みんなのSCORE」との連携です。
成績管理システムのデータベースを利用しているのでいわば兄弟サイトです。

試合結果の表示

  • リーグ戦
  • 練習試合
  • 大会(大福大会、佐倉大会など)

の結果をトップページで閲覧できるようになりました。
右下のページング部分から10件ずつ遡ることが可能です。

試合結果詳細

試合結果とともに関連するツイートの表示と
(あれば)試合動画の表示を行います。

チームページ


例:一橋大のページ
通算成績と直近の試合結果が表示されます。

使っている技術

  • ReactJS
  • Netlify
  • NodeJS
  • MySQL
  • Docker
  • nginx

今後の課題

  • 一回見ると飽きてしまう(リピーターがいない)
  • ブログ記事などの集約・紹介
  • コンテンツなどの充実
  • 個別記事とチームの紐づけ

さよなら自宅サーバー

経緯

これまで、フロントはnetlify、バックエンドは自宅サーバーという構成でサービス提供していたのですが、某アップデートの際にOSの再起動でdockerが止まって度々サービス断が発生してしまうのが段々いやになってきたのと、インフラの基礎ができてきたのでconoha VPSでインスタンス作ってサーバ移行しました。

サーバ構築

conoha VPSでubuntuインスタンスを作る

初期設定をする

DNSの設定をする

SSL証明書を発行する

またしてもLet's encryptに苦しめられました。今回はdocker-composeの中のnginxコンテナに適用するつもりでした。調べたところ、証明書生成用のコンテナは別途あったのですが、わざわざdocker-composeの構成書き直すのも...と思ったので、
nginxだけdockerコンテナを使わない構成に変更しました。