野球リーグスコア管理システムの開発

2019-01-13に作成

image
野球リーグスコア管理システムに関する進捗です。

使っている技術など

  • NodeJS
  • ReactJS
  • netlify
  • MySQL
  • materializecss
  • react-bootstrap
  • react-bootstrap-table-next

旧システムについてはこちらの記事をご覧ください。

残りタスクリスト

trello

所有者限定モードのためこのボードには投稿できません ボードとは?

2/7-9進捗

概要

image

  • メニュー実装
  • react-sticky-footer廃止
  • 個人成績ページに所属チームを表示するように修正
  • コンテンツのカード化
  • レビュー募集しています

メニュー実装

元々スライドメニューはあったのですが完成度が低かったので途中からコメントアウトしていました。
メニューを選択するとfocusで意図しないスタイルが適用されていたので背景色に同化してごまかしましたw

  .bm-item:focus {
    outline-color: darkcyan;
  }

コンテンツのカード化

カード化すると見栄えがよくなりました。
ただ、react-bootstrap-tableをカードでラップしようとするとカードのheightが0になってしまってちょっと悩みどころ。

レビュー募集しています

ずっと公開はしていたのですが、
- UIがだいぶマシになってまともに見られるようにはなった
- UIの修正が一段落ついた
- メニューを実装して導線が張れた

ということで、crieitのサービスのレビュー掲示板でレビューを募集しています。

react-bootstrapのbreaking change

個人開発のちょっと恥ずかしい話(失敗談)です。
image

1.0からBootstrap4対応へ

react-bootstrap
Reactを使われている方は馴染みがあるかと思いますが、
0.32.4までがbootstrap3に対応しており、bootstrap4対応によって0.32.4から1.0.0-betaまで一気にバージョンが上がりました。
公式ではbootstrap3系と4系は分けてサポートしていくとアナウンスされています。

breaking changeに気づかなかった

昨年9月に1.0.0-betaがリリースされていましたが、知ったのは昨日。しかも「ドキュメントのフォーマットちょっと変わったなー」ぐらいの認識で見ていたのと、Cardコンポーネントが新たに追加されていたのでそちらの実装に気を取られていたのとでbreaking changeに気づいたのが今朝。昨夜デプロイしてたので一晩メインのページが落ちた状態でした...。

昼休みに直す

昨夜実装したコンポーネントをコメントアウトして一旦デプロイしなおし、エラー箇所のソースを確認していた際にようやくbreaking changeに気づく。Cardコンポーネントがある4系に寄せるか、3系に戻してCardコンポーネントがない状態で対応するか少し迷いましたがとりあえず3系に戻してCardはmaterializeCSSで対応しました。元々ベースのデザインにmaterializeCSSを採用しています。
結局昼休み30分ぐらい使って何とか直して再デプロイ。