AWS EC2 t2.micro って何なんだぜ(^~^)

ヘパー(^~^) 公開下書き

20210124shogi2a2b1.png
「 ワケ分からん」

kifuwarabe-futsu.png
「 ワケが分かってる人が 記事を書いてくれだぜ」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 3回目のチャレンジをしましょう」

📖 インスタンスのライフサイクル

📖 Amazon EC2編~EC2インスタンスにPuTTYで接続してみよう!~

📖 Connect to your Linux instance from Windows using PuTTY

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 役に立ったのは上の3つの記事だな」

📖 AWS:EC2インスタンス(Ubuntu)にDocker環境を構築する

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 次は これ読むか……」

sudo apt-get update

curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -
OK

sudo apt-key fingerprint 0EBFCD88
[email protected]:/usr/local/src$ sudo apt-key fingerprint 0EBFCD88
pub   rsa4096 2017-02-22 [SCEA]
      9DC8 5822 9FC7 DD38 854A  E2D8 8D81 803C 0EBF CD88
uid           [ unknown] Docker Release (CE deb) <[email protected]>
sub   rsa4096 2017-02-22 [S]

sudo add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu $(lsb_release -cs) stable"
sudo apt-get update
sudo apt-get -y install docker-ce docker-ce-cli containerd.io

sudo gpasswd -a ubuntu docker
Adding user ubuntu to group docker

docker -v
Docker version 20.10.6, build 370c289

ramen-tabero-futsu2.png
「 よし、 Docker 入った」

kifuwarabe-futsu.png
「 次は何をするんだぜ?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 NodeJS で Webサーバー立てようぜ。
画面に Hello, world がでるぐらいの」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 PuTTyコンソールでソース書くの?」

📖 VSCodeを使ってAWS EC2のソースコードを編集する

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 VSCode は リモートのテキストも直接編集できるはずなんだぜ」

20210515shogi28a1.png

C:\Users\むずでょ

kifuwarabe-futsu.png
「 👆 お父ん、ディレクトリ名に日本語を入れるのをやめろだぜ。
海外製のプログラムが このディレクトリを検索できないぜ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 わたしの名前なんで。もう変えれないんで」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 kifuwarabe-chan.pem ファイルは C:kifuwarabe-credentials ディレクトリを作って、置きましょう」

📖 VSCodeのRemote SSHで「プロセスが、存在しないパイプに書き込もうとしました。」と出て繋がらない

C:\ProgramData\ssh\ssh_config

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 ダメだったら やり方を変えて再トライだぜ」

bad permissions

kifuwarabe-futsu.png
「 👆 .pemファイルを Cドライブの下に置いてるが、パーミッションがないのかだぜ?」

20210515shogi29a1.png

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 その .pem ファイル自身が インターネットからダウンロードしたものだから、セキュリティのフラグが立っていたんだぜ。
隣の 許可する チェックを入れようぜ」

SSH鍵(秘密鍵)でログインした際のパーミッションエラーの解決方法

# 所有者にreadとwriteの権限を付与
chmod 600 xxxxxxxxxxx.pem

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 Windows にパーミッションとかあるのか? 調べるか……」

20210515shogi30a1.png

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 こんなとこ 触ったことないし、触って何になるのか知らないが 成功するまで ボタンを押しまくろうぜ」

📖 Windows SSH: Permissions for 'private-key' are too open

kifuwarabe-futsu.png
「 👆 海外の記事を読もうぜ?」

20210515shogi31a1.png

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 所有者を自分だけにするのが難しいが、とにかくやった」

20210515shogi32.png

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 リモートに接続したぜ」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 ターミナル開けて コマンド打てるの?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 なんかつながってるぜ。 root にもなれるし」

📖 Macのターミナルで最初のコンピューター名・ユーザー名を消す

echo $PS1
\[\e]0;\[email protected]\h: \w\a\]${debian_chroot:+($debian_chroot)}\[email protected]\h:\w\$

PS1=\[email protected]:\w\$
[email protected]:w$

kifuwarabe-futsu.png
「 👆 あっ、お父んが壊した! 何をやってるんだぜ!」

[email protected]:w$PS1='\[email protected]:\w\$'
[email protected]:/usr/local/src#

kifuwarabe-futsu.png
「 👆 おっ、直った。でもコロンは要らないかな」

[email protected]:/usr/local/src#PS1='\[email protected]\w\$'
[email protected]/usr/local/src#

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 これが わたしが最初に覚えた コマンド だぜ。 cd とか除いて」

[email protected]/usr/local/src#cd ~
[email protected]~#ls
ok-muzudho.txt  snap
[email protected]~#ls -a
.  ..  .bashrc  .profile  .ssh  ok-muzudho.txt  snap

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 あっ、 .bashrc があるぜ。エディターもあるかな?」

vi .bashrc

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 vi エディターもあるぜ。
中身なんか 大量に書いてある」

# (^q^)
PS1='\[email protected]:\w\$'

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 ファイルの最後に こう書いとこ」

kifuwarabe-futsu.png
「 しかしお父ん、Terminal で vi を使っているようでは VSCode を使っている意味がないぜ?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 ファイル・エクスプローラーで 開けられるのかな?」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 /usr/local/src を見てんじゃないの?」

kifuwarabe-futsu.png
「 お父んのローカルPCに Dockerfile と NodeJS が無いと意味なくないか?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 どんな感じで開発してるのか分からん」

kifuwarabe-futsu.png
「 ふつうに お父んのローカルPCで Dockerfile 使ってコンテナ立てて、
そのソースコードを git などを使って アップロードと ダウンロードを使って 移動したらどうだぜ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 そこは楽にならんのか……。じゃあ何で VSCode で リモートSSH接続したんだぜ」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 PuTTY 使わなくていいんじゃない?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 じゃあ PuTTY 閉じてみるかだぜ」

exit
logout
exit
logout

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 ローカルPCで 普通に Docker じゃあ PuTTY 閉じてみるかだぜ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 あとは EC2 とか関係なく Docker で NodeJSのWeb立てればいいのかだぜ?」

kifuwarabe-futsu.png
「 立てろだぜ」

📖 Node.js Web アプリケーションを Docker 化する

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 チュートリアルからやるかだぜ」

outfield-kifuwarabe-web

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 適当に git のリポジトリ立てよ」

nodejs

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 nodejs も最新版にしとこ」

node -v
v14.17.0

npm -v
6.14.13

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 電竜戦とは まったく関係ないのだから、リポジトリ名から dragon を外してもいいんじゃない?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 じゃあ名前は 外野きふわらべウェブ にするかだぜ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 NodeJS の Web サーバーつながらんなあ」

node server.js

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 これなら つながるんだけど」

kifuwarabe-futsu.png
「 Docker で つないでくれだぜ」

[email protected]e061c4b2de:/usr/src/app# curl -i localhost:49160
curl: (7) Failed to connect to localhost port 49160: Connection refused

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 Connection refused というのは、ポートが開いていないとか、そういう拒否されてるやつだぜ」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 コンテナの外で見たらどうなの?」

20210515shogi33.png

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 あっ、見れてる」

kifuwarabe-futsu.png
「 Git Hub に上げろだぜ」

📖 Git Install on Ubuntu/Centos/AmazonLinux/Windows

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 EC2 のインスタンスに git を入れましょう!」

apt-get update -y
apt-get install git-all -y

git --version
git version 2.25.1

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 よし入った」

Gitの基本的な使い方

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 git のコマンドを覚えないとな」

# 設定
git config --global user.name "ユーザー名"
git config --global user.email "メールアドレス"

# 確認
git config --global user.name
git config --global user.email

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 誰が更新したか わかるようにする設定かだぜ。なるほど」

cd /usr/local/src
git clone https://github.com/muzudho/outfield-kifuwarabe-web.git
cd outfield-kifuwarabe-web
ls

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 リポジトリ―をクローンできたっぽいぜ」

kifuwarabe-futsu.png
「 Docker で起ち上げてみろだぜ」

docker build . -t muzudho/outfield-kifuwarabe-web
bash: docker: command not found

kifuwarabe-futsu.png
「 👆 わらう」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 さっき Docker 入れたんじゃないの?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 ローカルの Dockerコンテナの方に打鍵してしまったぜ」

kifuwarabe-futsu.png
「 コマンドプロンプトからホストを外すから……」

docker build . -t muzudho/outfield-kifuwarabe-web
docker images
docker run -d muzudho/outfield-kifuwarabe-web

curl http://localhost:8080
curl: (7) Failed to connect to localhost port 8080: Connection refused

docker ps

docker stop <CONTAINER ID>

docker run -p 8080:8080 -d muzudho/outfield-kifuwarabe-web

curl http://localhost:8080
Hello [email protected]/usr/local/src/outfield-kifuwarabe-web#

kifuwarabe-futsu.png
「 👆 なんか表示されてそうだな。
この画面を見るには URL は何なんだぜ?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 何なんだろな?」

📖 Elastic IP を作成して EC2 インスタンスに割り当てる

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 👆 Elastic IP というのが要るんじゃないの?」

20210515shogi34.png

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 リモートSSH がつながらなくなったぜ」

kifuwarabe-futsu.png
「 👆 Elastic IP を割り合ってた時に IPアドレスが変わったのでは?」

20210515shogi35.png

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 そういうことかだぜ理解。長い名前のホスト名の中の数字が変わってたぜ。入れた」

20210515shogi37a1.png

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 http://localhost:8080 と、 http://localhost は何が違うんだぜ?」

kifuwarabe-futsu.png
「 ポート 8080 と、 ポート 80 ぐらい違うんじゃないか?」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 localhost んとこ、 Elastic IP にしたら どうなんの?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 応答がなくなるぜ」

kifuwarabe-futsu.png
「 NodeJS でなく、 Apache2 が動いてないかだぜ?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 Apache2 入ってんのか」

📖 Permanently removing apache2

apt autoremove
Reading package lists... Done
Building dependency tree       
Reading state information... Done
0 upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 19 not upgraded.

apt remove apache2.*
Reading package lists... Done
Building dependency tree       
Reading state information... Done
Note, selecting 'apache2.2-common' for glob 'apache2.*'
Note, selecting 'apache2.2-bin' for glob 'apache2.*'
Package 'apache2.2-bin' is not installed, so not removed
Package 'apache2.2-common' is not installed, so not removed
0 upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 19 not upgraded.

dpkg -S `which apache2`
apache2-bin: /usr/sbin/apache2

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 Apache2 入ってないぜ、ディレクトリはあるけど」

<title>Apache2 Ubuntu Default Page: It works</title>
 ```

![kifuwarabe-futsu.png](https://crieit.now.sh/upload_images/beaf94b260ae2602ca8cf7f5bbc769c2609f74160e9a8.png)  
「 👆 Apache2 と書いてあるぜ」

[Why am I getting the Apache2 Ubuntu Default Page instead of my own index.html page?](https://askubuntu.com/questions/603451/why-am-i-getting-the-apache2-ubuntu-default-page-instead-of-my-own-index-html-pa)  

![ohkina-hiyoko-futsu.png](https://crieit.now.sh/upload_images/6caf6840c8b04f280fd7b5f447c040fc609f746f61312.png)
「 👆 NodeJS より優先度の高い所に Apache2 のファイルが置いてんじゃない? `/var/www/html` とか」

![20210515shogi38.png](https://crieit.now.sh/upload_images/a72091c46657b353e9ef2466a2edf29d609ff0e22ac61.png)  

![ramen-tabero-futsu2.png](https://crieit.now.sh/upload_images/d27ea8dcfad541918d9094b9aed83e7d609f73fdcc7c3.png)
「 👆 置いてるぜ」

![20210515shogi39.png](https://crieit.now.sh/upload_images/2ce0a0c01a18bd7bea25d62f0c8d8c6b609ff1799de8c.png)  

![ramen-tabero-futsu2.png](https://crieit.now.sh/upload_images/d27ea8dcfad541918d9094b9aed83e7d609f73fdcc7c3.png)
「 👆 どけても Apache2 がディレクトリの内容を表示してるぜ」

![kifuwarabe-futsu.png](https://crieit.now.sh/upload_images/beaf94b260ae2602ca8cf7f5bbc769c2609f74160e9a8.png)  
「 やっぱ Apache2 入ってるのでは? 消せだぜ」

📖 [How to uninstall Apache2 on Ubuntu](https://www.edureka.co/community/46181/how-to-uninstall-apache2-on-ubuntu)  

```shell
apt-get purge apache2 apache2-utils apache2-bin apache2.2-common

curl http://localhost
curl: (7) Failed to connect to localhost port 80: Connection refused

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 よし消えた」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 👆 その80番ポート、どうやって開けんの?」

📖 AWS(EC2) + Apacheでつながらない時はポート開放を確認!

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 セキュリティー・グループのインバウンドからポート開放?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 やったけど 変わらないぜ」

docker stop 

cd /usr/local/src/outfield-kifuwarabe-web

docker run -p 80:8080 -d muzudho/outfield-kifuwarabe-web

curl http://localhost
Hello [email protected]:/usr/local/src/outfield-kifuwarabe-web#

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 よしいけた」

kifuwarabe-futsu.png
「 ローカルPCの中では見えたが、外部からは どうやって見るんだぜ?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 https ではなくて、 http にしたらいけだぜ」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 それも どうなのかしら」

HTTPS化

📖 AWSでSSL化する方法を伝授!!!

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 なんか大変そうだぜ、つら」

ゴンベエドメイン

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 ドメインは以前に1つ買ってあるぜ」

📖 【AWS Route53】EC2へ独自ドメインアクセス

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 うわっ、長」

20210515shogi40a1.png

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 確かに ルート53 あるけど、知ってなければ何か分からないぜ、これ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 設定したけど、URLに反映されねーなー。反映されるまで少し時間がかかるやつかな?」

kifuwarabe-futsu.png
「 椅子から立ち上がって 5分ぐらい 運動しろだぜ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 IPアドレスでアクセスできるから、DNS の反映がまだなんだろな。
ページでも作って待つか」

# ファイルを Git Hub にプッシュしたあと

docker ps

docker stop 

git pull

docker build . -t muzudho/outfield-kifuwarabe-web

docker run -p 80:8080 -d muzudho/outfield-kifuwarabe-web

ramen-tabero-futsu2.png
「 よし、ここまでは一連のルーチンワークだぜ」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 買ったドメイン腐ってんじゃないの? 反応無いわよ?」

kifuwarabe-futsu.png
「 行き詰ったか」

20210124shogi2a2b1.png
「 ワケが分からないとか 行き詰るというのは よく顔を合わす友だちみたいなもんだぜ」

kifuwarabe-futsu.png
「 嫌な友だちだぜ」

📖 Registering a new domain

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 日本語で分からなければ 英語を読んでみようぜ」

📖 【初心者向け】無料ドメインを使ってAmazon Route 53で実装しながら理解するDNS

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 英語で分からなければ 日本語を読んでみようぜ」

kifuwarabe-futsu.png
「 分かったら起こしてくれだぜ」

📖 Amazon Route 53 のトラブルシューティング

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 自分が何か 間違ったことをしているなら 状況は改善しないはずだぜ。
自分が何を間違っているか知りたいんだぜ。それが分からないから 調べもの の的が外れるんだぜ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 ドメインとSSLは後回しにしよ」

20210516shogi46.png

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 ドメイン無いから CORS 解決できない」

nginx

ramen-tabero-futsu2.png
「 先に nginx を入れるか」

20210516shogi47.png

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 いつも同じページなどは Web server を介さずに nginx がすぐ返してくれることに期待するんだぜ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 nginx.conf ファイルの書き方だけ 参考になるサイトがあればいいんだが……」

📖 Docker Composeを使ってサクッとNginxコンテナを起動する

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 nginx の入れ方は あとで この記事を参考にしよ」

📖 docker+Node.js(Express)+nginxの最小構成プロジェクトを作成する

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 こっちの記事も分かりやすいぜ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 すると Docker compose も入れないといけないな。明日やるか」

📖 Install Docker Compose
📖 docker/compose

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 公式サイトはここか。Linuxのとこ見たらいいかな」

sudo curl -L "https://github.com/docker/compose/releases/download/1.29.1/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m)" -o /usr/local/bin/docker-compose
sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose
sudo ln -s /usr/local/bin/docker-compose /usr/bin/docker-compose

docker-compose --version
docker-compose version 1.29.1, build c34c88b2

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 よっしゃ いけたぜ」

kifuwarabe-futsu.png
「 いつになったら起こすんだぜ?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 docker-compose.yml ファイルを書くかだぜ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 outfield-kifuwarabe-web は Web だが、 nginx も入れたくなったんで リポジトリ名を変えようぜ?」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 kifuwarabe-chan-project でいいんじゃないの?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 chan の意味が分からない……」

20210516shogi48a1.png

ramen-tabero-futsu2.png
「 パーミッションが無いのなら VSCode でつないでいる意味は何なんだぜ?」

version: "3"
services:

  nodejs:
    build:
      context: ./nodejs # Dockerfile保存場所
      dockerfile: Dockerfile # Dockerfileファイル名
    image: muzudho/outfield-kifuwarabe-web # イメージ名
    container_name: outfield-kifuwarabe-web # コンテナ名
    ports: # ポート接続
      - 49160:8080
      # - 80:8080 # 本番環境では

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 今までやってたことは docker-compose.yml にすると、これだけだぜ。
ここに nginx を足すぜ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 コンテナ名が長くて嫌だぜ。 warabenture2 とかどうだぜ?」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 やってみましょう!」

20210516shogi50.png

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 nginx の設定を間違えたかな。見なおそ」

docker-compose.yml:

version: "3"
services:
  nginx:
    build:
      context: ./nginx # Dockerfile保存場所
      dockerfile: Dockerfile # Dockerfileファイル名
    image: muzudho/warabenture2-nginx # docker image name
    container_name: warabenture2-nginx # docker container name
    ports: # ポート接続
      - 80:80

  nodejs:
    build:
      context: ./nodejs
      dockerfile: Dockerfile
    image: muzudho/warabenture2-nodejs
    container_name: warabenture2-nodejs

default.conf:

server {
    listen       80;
    server_name  localhost;
    location / {
        proxy_set_header Host $host;
        proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
        proxy_set_header X-Forwarded-Host $host;
        proxy_set_header X-Forwarded-Server $host;
        proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
        proxy_pass http://nodejs:8080/;
    }
}

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 よし、いけるぜ」

Database

ramen-tabero-futsu2.png
「 次はデータベースを用意するかだぜ。何がいいんだぜ?」

kifuwarabe-futsu.png
「 Postgresql でいいんじゃないか?」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 コンピューター将棋勢で流行ってるのは SQLite だけど、同時アクセスが多い用途向けじゃないそうよ」

📖 Node.js と DynamoDB の使用開始

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 DynamoDB を勧められたぜ。 Amazon のやつみたいだが、調べてみるか」

DNS

📖 http://dragon.warabenture.com/

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 .com にすると 10秒もかからず登録でけた。 特殊なやつだと変更を申請するたびに3営業日ぐらいかかるぜ」

kifuwarabe-futsu.png
「 じゃあ https にしてくれだぜ」

📖 Let's encrypt
📖 https://certbot.eff.org/
📖 Install Free SSL from Let’s Encrypt with Apache on Ubuntu
📖 ZeroSSL

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 このサイトでなんとかすると httphttps にできるんだぜ」

kifuwarabe-futsu.png
「 不安だな……」

📖 ZeroSSL SignUp

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 ZeroSSL がいいのかな。ちょっと様子を覗いてみるぜ」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 帰ってくるのよ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 無料のは 90日間しかないのか。めんどくさいな」

ramen-tabero-futsu2.png
「 メールアドレスに何か届くのかだぜ?」

20210516shogi53.png

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 メールを介しての認証手続きをやったら なんか次のステップがあるぜ。
わたしは AWSを選んでダウンロード」

20210516shogi54.png

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 なんかファイルをもらったぜ」

20210516shogi55.png

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 ロードバランサーを何かするのかだぜ?」

📖 AWSでWebサイトをHTTPS化 その4:NLB→EC2(+外部SSL証明書)編

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 日本語サイトも参考にしよ」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 ELBって何なの?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 Elastic Load Balancer なんだが、AWS社の負荷分散、ぐらいの意味だぜ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 Port は 443 にするのか」

ramen-tabero-futsu2.png
「 サブネットマスクを選べ、と出てくるが 分からんので 適当に選ぶぜ」

kifuwarabe-futsu.png
「 やばいな」

AWSでSSL化する方法を伝授!!!

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 途中で説明が分からなくなったので、別のサイトを参考にするぜ。
と思ったら セキュリティがザルだぜ」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 ZeroSSLのIPアドレスが分からないと、セキュリティ・グループで弾かれるんじゃないの?」

kifuwarabe-futsu.png
「 進捗がない。お父んがつまづいているぜ」

20210124shogi2a2b1.png
「 SSL証明は諦めようぜ」

kifuwarabe-futsu.png
「 じゃあ次はサイトを整えろだぜ」

📖 Let's Encrypt で Nginx にSSLを設定する

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 👆 その前にこれを試しなさいよ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 21:49の夜中だが コーヒー飲んでから 取り掛かろ」

📖 certbot instructions

ramen-tabero-futsu2.png
「 👆 なんかさっきの廃止になってたんで、あの記事無駄だぜ。
結局 最初の方に漁ってたページに戻ってきたぜ。
頭を使わず 手を動かして 自動的に賢くなろうぜ?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 Dockerコンテナのnginxのとこに snapd をインストールできなかったぜ」

📖 AWS 初心者向けハンズオン

kifuwarabe-futsu.png
「 👆 これを読めだぜ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 特に内容のない動画が置いてあるぜ」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 予約して見るもんなんじゃないの?」

ramen-tabero-futsu2.png
「 1時間ぐらいかかりそうなのが10項目ぐらいあるぜ」

kifuwarabe-futsu.png
「 自習が全然進んでないじゃないか。動画を見ろだぜ。
頭を使わず 手を動かして 自動的に賢く慣れだぜ」

ramen-tabero-futsu2.png
「 つら」

ramen-tabero-futsu2.png
「 聴講を再開するとき、会社情報を入力するところから またやり直すのかだぜ?」

ohkina-hiyoko-futsu.png
「 なんどでも やりなおしゃ いいじゃない」

何度でもクリック!→

むずでょ@きふわらべ第29回世界コンピューター将棋選手権一次予選36位

光速のアカウント凍結されちゃったんで……。ゲームプログラムを独習中なんだぜ☆電王戦IIに出た棋士もコンピューターもみんな好きだぜ☆▲(パソコン将棋)WCSC29一次予選36位、SDT5予選42位▲(パソコン囲碁)AI竜星戦予選16位

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

むずでょ@きふわらべ第29回世界コンピューター将棋選手権一次予選36位 の最近の記事