3Dデッサン人形 をポージングしようぜ☆(^q^)<その1> 少年よ大志を抱け

前回の記事

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 なんか知らんけど どこで覚えたのか ポーズ というと思い浮かぶのが クラーク博士 なんで 真似てみよう☆
実物 見たことないけど☆」

20190811ani88a35.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 まずは 起立のとこからな☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu.gif
「 十字架のポーズじゃないんだな☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu.gif
「 この人形 けっこう フニャフニャ してて 真っすぐ立たすのも むずかしいのよ」

20190811ani88a36.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 ファッション雑誌とか読んでる モテモテマンには 常識かも知れないが、
クラーク博士、左右の脚の長さが違うな……、と思ったら 腰のひねりに秘密があったんだぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu.gif
「 わらう☆」

20190811ani88a36a2.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 正面から見ると、肩をナナメにして 突っ立ってるだけのようにも見える☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu.gif
「 簡単そうな題材に見えたのにねぇ」

20190811ani88a36a3.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 わたしは 美術が嫌いなんで 知らなかったが、
カメラが ちょっと動くだけで 脚が曲がって見えたり、左右の足の長さが違って見えたりする☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu.gif
「 成長したな☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 眼球の表面に 目で見えたことを釘付けにすると、ポーズは狂う☆

20190811ani88a36a4.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 例えば カメラの位置をナナメ下から撮った感じの写真を見ると、 このおっさん、前のめりに倒れそうになるぜ☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu.gif
「 このおっさん ではなく、クラーク博士な☆」

20190811ani88a36a5.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 で、思ったんだぜ☆
ここは重要なので、少し細かく説明しよう☆」

20190811ani88a36a5b1.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 3Dデッサン人形 で位置を指定したいのは、人形の方なんだぜ☆」

20190811ani88a36a5b2.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 それなのに 眼球に映っている方 の位置を正しくしようとすると……☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 奥行き を計れていないし、ナナメって見ていることも考慮されていない☆」

20190811ani88a37a1.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 人形を回したり、カメラを回り込んだりしても ちゃんとポーズが取れてるのかは 疑問だぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu.gif
「 眼球で見るしかなくない? 画面の中の人形とか、直接触れないのだから」

20190811ani88a36a5b3.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 ポーズを取るのに理想的なのは 平行光線だぜ☆ 眼球も球ではなく長方形がいい☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu.gif
「 デッサン人形は パースペクティブのかかった画面越し でしか 操作できないが……☆?」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu.gif
「 だいたい クラーク博士を 平行光線で観ることは できないのよ! 観察は パースペクティブを挟んで行われるのよ!」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 理系は 紙の上で 行列演算をやった振りをするが、
美術マンは 線形変換を 脳内で 暗算してんの☆?」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu.gif
「 してんのよ!」

20190811ani88a38a1.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 ずばり言ってしまえば、 絵描きは脳内で人形を回している可能性がある ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu.gif
「 回しているかなあ?」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu.gif
「 魚は聴覚で 3次元空間を把握しているそうだが、
平面的な視力に頼る人類が どこまでいっても 3次元空間を把握しているとは 考えがたいぜ☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 だから  視覚 以外を使って 脳内で人形を回しているはずだぜ☆ 例えば 運動 の前転ができるとか☆
つまり 人形は回らなくても 脳内で自分が回ればいい☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu.gif
「 そんな手間のかかること 絵描きが やってるかなあ?」

20190811ani88a39.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 人形をのぞき込む趣味があるやつは 脳内で人形を回すこと ができるのかもしれないが、
そんな経験値を上げていない わたしたちは、 別の方法 で ポージング を行いたいと思う☆」

20190811ani88a40.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 グリッド (格子状の線) を積極的に使っていく☆ 脳のちから なんかに頼らないぜ☆(^~^)
Clip studio paint EX の 3Dデッサン人形 の基本操作は 前回の記事を読めだぜ☆」

20190811ani88a41.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 そして カメラを正面に持っていく☆
股間と真正面に目を合わす  のが 正しい位置 だぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu.gif
「 合理的ね」

20190811ani88a41a2.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 この人形は、箱で考えると 右図 のように分かれる☆ 手と足は かなり細かな箱になっているので省略した☆」

20190811ani88a41a4.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 そして へそを中心 として、箱を 右クリック すると、箱の先端を 空中にロック することができる☆」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu.gif
「 ツボの診療みたいな絵だよな☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 わたしたちが 最初に目指すのは、 この青い箱の適切な位置への空中ロック だぜ☆
ただし 重要なのは 1つ1つの箱を ちまちまと空中ロックしていてはいけない ということだぜ☆」

20190811ani88a41a7.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 ためしに 9か所だけ ロックしてみるかだぜ☆
少年よ大志を抱け のポーズの扇の要(かなめ)となるところだぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu.gif
「 この人形 上向いてるけど まっすぐ人形を見ることはできないの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 股間に平行なんで……☆ パースペクティブが付いてるんで……☆」

20190811ani88a41a8.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 手首と肩のロックを外して 腕を ピンと伸ばすように 持ち上げろだぜ☆
そのあと 手首と肩を またロックしろだぜ☆」

20190811ani88a41a9.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 正面から見ると だいたい こんな感じか……☆?」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu.gif
「 右腕が不安になる曲がり方してんだけど」

20190811ani88a41a10.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 次は ちゃんと グリッドを見て 90°真横に回り込めだぜ☆
ピッタリ90° 真横に 勘で付くのは むずかしい☆ 簡単にできる方法があるものは 簡単にできる方法を使ってしろだぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu.gif
「 股間に平行だから、 グリッドの表面がちょっと見えるぐらい が ちょうどいいのね」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 そうだったのか……☆ グリッドに水平にしたら いけないんだな☆」

20190811ani88a41a11.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 クラーク像は かかと を上げているようには見えないが、 上げた方が後ろに足を伸ばせるので そうする☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 この感、 カメラ・アイコン1 だけで視点を調整するぜ☆
やってることは 正面と 真横から見ることの 2つだけだからな☆」

20190811ani88a41a12.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 クラーク像っぽくなっているかどうか カメラ・アイコン1 で 像を回り込んで確認するわけだが、
真正面や真横でない角度のときは 像を へたにいじらない ことが重要だぜ☆
真上や真横の感覚が むずかしい からだが☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 もう妥協していい☆?」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu.gif
「 まだ」

20190811ani88a41a13.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 カメラ・アイコン3 は 距離感 を調整できる☆
カメラマンは 像のナナメ下の離れたところから撮影しているはずなんで、写真は こんな感じだと思うんだぜ☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu.gif
「 人形が フニャフニャ で、ナヨ~っとしているのよね。
もっと ピシーッ とできないの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 キン肉マン消しゴム みたいに ブニョンブニョン してるよな☆」

20190811ani88a41a14b1.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 もっと脇を締めるといいのかもしらん☆
スポーツとか 演劇とか やっておいた方がいいんじゃないか☆? 身体表現 の感覚がないからな☆」

20190811ani88a41a15b1.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 クラーク像 服があって見えなかったが、後ろに回した手は 横からちょっぴり出てるのかもしれないな☆(^~^)?」

20190811ani88a41a16.png

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 あの像 錯視トリック でも入ってんじゃないかだぜ☆?
視線より高い位置にある腕が 水平を指す なんて どうなってんだぜ☆!?」

KIFUWARABE_80x100x8_01_Futu.gif
「 錯視を計算して 像 を造られていたら、 3Dデッサン人形 では お手上げ だな☆」

OKAZAKI_Yumemi_80x80x8_02_Syaberu.gif
「 だいたい 合ってりゃいいんじゃないの?」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 影絵 でもあれば トリックが入ってれば出てくるんだろうけど そんな資料 ネットに上げてるやついないしな☆」

KITASHIRAKAWA_Chiyuri_80x100x8_01_Futu.gif
「 疲れた おわり☆」

<おわり>


むずでょ@きふわらべ第29回世界コンピューター将棋選手権一次予選36位

光速のアカウント凍結されちゃったんで……。ゲームプログラムを独習中なんだぜ☆電王戦IIに出た棋士もコンピューターもみんな好きだぜ☆▲(パソコン将棋)WCSC29一次予選36位、SDT5予選42位▲(パソコン囲碁)AI竜星戦予選16位

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント