2021-05-27に投稿

🐈【ネコでもわかる05】Linuxをイメージしやすく!~lsコマンドを添えて~

どうも!
先日、同期から「私さんってサーバみたいですね!」(褒め言葉)と言われてしまいました私です。

彼女曰く、「質問をしたら、回答と調べやすくなるキーワードが短時間で返ってくる。クライアントに対して処理結果を返すサーバみたい」とのこと。

”確かに!!”と、悔しながらも妙に納得してしまいましたねこ。
という事で、今回はサーバに多いLinuxについての記事きんぎょよ!


さて、今回はLInuxの基本コマンドについて解説していきますきんぎょ~
学生時代に友人たちと作ったCLIとGUIを相互変換できるソフトを使って分かりやすさ重視で行うぎょぴ!
GUIはWindowsベースなので、とっつきやすいと思うにゃ~

※この記事は分かりやすさを重視するため、誤解を恐れず、不正確な内容を容認しております。そこだけ注意して、閲覧、ご理解の足しにしていただけますようお願い申し上げます。

※今回は使用するソフトはCLIとGUIを相互変換する特性上、通常とは異なる表現があります。また、短時間で制作したため、ツッコミどころ満載です。あくまで参考程度にイメージする程度でご覧ください。


v目次にゃv

1.基本画面について
2.基本的なコマンドの使い方
3.ls①
4.ls②(パス指定)
5.ls③(パス指定)
6.まとめ


基本画面について

今回使用するソフトの基本画面についてサクッと説明しますにゃ~

【実際の画面】
01

【画面説明】
02

画像の通りだにゃー!
今回はデスクトップ上にある”home”ディレクトリをメインに作業していくぎょぴ!
homeの中はこちら↓
03


基本的なコマンドの使い方

ご存知の通り、LinuxはCUIやCLIといったコマンドで操作をすることが多いねこー!
コマンドの種類は膨大な量あるけど、基本的な構文はほぼ同じだから覚えて置くと良いぎょぴぼー。

基本的には以下の3つ語句でコマンドを打つぎょぴー!
【  [コマンド] [オプション] [ファイルまたはディレクトリ] 】

・コマンド   → 何をするかの命令。☆"cdやlsなど"
・オプション  → コマンドに対しての詳しい指示 ☆”lやaなど”
"ls -al"の場合は ”中を見る 全て表示&情報を省略しないで”
・3つ目のやつ  → 操作対象のファイル。また、そのファイルがある場所を指定する

例えば
"rm -f /home/user/Manual-for-feeding-goldfish.txt"なら

~rm~~~~~~ -f ~~~~~~~~ /home/user~~Manual-for-feeding-goldfish.txt~
”削除する 確認表示せずに強制的に home/user/にあるManual for feeding goldfish.txtを”

って意味になるぎょぴぼー


ls①

lsコマンドを使ってhomeフォルダの中をみてみるきんぎょー。
04
・水色のところが今いる場所。cd homeでhomeに移動しているのがわかるのにゃー。
・赤色のところがls実行結果。home内のフォルダが表示されてるキツネ🦊

ls②(パス指定)

【ディレクトリ移動】
スクリーンショット (253)_LI.jpg
上の画像では"cd"でsigotoディレクトリへ移動していますねこー
↓この時のフォルダ構造ですにゃ~↓
Desktop
 ┗home   ←水色時ココ
   ┣douga
   ┣gazou
   ┣kadai
   ┗sigoto

ここでsigotoの中身が確認できたぎょぴね~。
次にhomeディレクトリに戻って、homeディレクトリにいる状態でsigotoの中身を見てみるきんぎょー🐟
スクリーンショット (263)_LI.jpg
・水色のところが今いる場所。現在はhomeにいるのが確認できるねこー。
・赤色のところがパス指定でのls実行結果。sigotoフォルダの中身が確認できているぎょぴ!
パス指定(今回は絶対パス)することでhomeにいながら別の場所の中身を表示できるぎょぴぼー。


ls③(パス指定)

スクリーンショット (264)_LI.jpg
まずは、やっていることの確認にゃ=^_^=

  1. sigotoディレクトリに入り、中身と今いる場所の確認   (黄色枠はsigotoにいる)
  2. cd .. で1つ前のhomeディレクトリに移動         (オレンジ線部分)
  3. cd kadai でkadaiディレクトリに移動。         (緑枠はkadaiにいる)
  4. ls /home/sigoto でsigotoフォルダの中身と現在地を確認。     〃

↓この時のフォルダ構造ですにゃ~↓
Desktop
 ┗home
   ┣douga
   ┣gazou
   ┣kadai      ←緑色時ココ
   ┃ ┣kadai01.pptx
   ┃ ┗kadai02.pptx
   ┗sigoto      ←lsで表示中
     ┣gyoumu
     ┗syorui

kadaiにいながらsigotoの中身を確認することができたぎょぴね!
”1.”の時と同じ内容が確認出来ているのがポイントねこ!


まとめ

普段使っているWindowsと比べることでイメージができたかにゃ~?
今回押さえて欲しいポイントは以下2つきんぎょー
・コマンドの構文
・ツリー構造

特にツリー構造の概念は理解をしておかないと、今後大変ぎょぴちゃー。


エンドタイトル

今回はここまで🐾
Linuxはコマンドを覚えることも大事ですが、それよりもWindowsと比べたLinuxの特性や構造を理解する事がLinuxに慣れる近道だと考えていますぎょぴ。
難しいですが少しずつ覚えていきましょうねこー🐈

次回も頑張るきんぎょー

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

keito_woood

実際はもう少しまともです。本当です。嘘じゃないです。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント