2019-06-02に更新

そろそろ個人アプリ公開後、最初の100人ユーザー問題を解決しようよ

はじめまして

はじめまして。
昨日からTwitterを新しく始めた元個人アプリ開発者のおっさんです。
個人開発者の友達が(ゲーム友達も)欲しいからフォローしていただけると嬉しいな。

アプリ集客問題

個人開発のサービスの最大で最高の問題は誰にも使ってもらえないことだよね?
作ること自体は資料があったり気合と根性と時間があればいずれ公開できるところまでは行くよ。
でも、それはスタートに過ぎない。そこからアクセスを集めて人気サービスにしなけりゃどうしようもない。
特に趣味じゃなくて、お金が欲しいとなってくると尚更だ。
でも、そう簡単にはいかない。
2000年前半ぐらいまではいろいろなニュースサイトで個人開発者を紹介するような特集もあったからすぐに人気者になれた可能性もあったがもうそういう時代じゃない。
一発屋もたくさんいた。
アイデアだけでどうにかなった。
でも今は無理。
そもそも火がつかないような仕組みになっている。
無料の宣伝サービスもあるにはあるが形しかない、運営が魂を込めていない。放置している。
リンク切れのサービスが山程放置してある。
過去に投稿したが10アクセスも飛んでこなかった。おそらく今もそのぐらいだろうね。
やっぱり宣伝には前提として金がかかるんだ。
でも個人開発者はそこまでお金をかけたくない。できれば自然にヒットして欲しいと思っている。
口コミかはてブかTwitterのトレンドとかに乗っちゃったりして。
でもはてブに乗るには過去の記憶だが短時間に3つぐらいはてブがつかないと乗らないようなシステムだった気がする。
その3つのはてブすらつけてもらうことが普通はできない。(自演でもしなけりゃ)
有名人でTwitterのフォロワーが数千ぐらいいなけりゃ無理だ。
ということで、全くの初心者が必死に勉強してアプリを作ってリリースしてもそこからどうしていいか分からないということがよくある。
その問題を解決する。
いや、そろそろ解決しろ。

公開してから速攻で100人に使ってもらえてアクセスが増えていかないなら諦められる

個人開発者としてサービスの辞め時はいつだろうか?
個人的にはドメインの期間が切れる頃。要は1年だ。
1年は頑張れるが、1年やってもアクセスが増えなかったらやめる。
普通は三ヶ月も持たない。作って一ヶ月目からアクセスが増えなきゃ情熱が冷める。
作って公開して燃焼するんだ。
宣伝してないのに「つまらないサービスだった」と勝手に思い込むこともあるだろう。
でも、作ったら100%100人に使ってもらえるならやる気は出る。
その100人がコメントをしてくれたり、なぜか無料で「お前のサイト、ダサいから」とか言ってCSSファイルを送ってくれたりしたら嬉しくて仕方がない。お金では買えない何かが手に入ることもあるし(友達)、オレもそういう経験がある。
そして「「「「開発って楽しいね!」」」」ということになるのだ。

オレ達先輩は、個人開発者が日本に増えていってくれたほうがいいだろうと思っている。
将棋の世界に藤井聡太がでてきて賑わっている。ああいう感じ。すげえ個人開発者がいるぞ!というのは嬉しいし業界が盛り上がる。
でも、どうだ? 最近すげえやついたかな。少なくともオレは知らない。本当にすげえやつは起業してるせいなのかな?
まあそれは置いておこう。とりあえずだ。「作ったら100人が使ってくれる」というのを約束するということはできないだろうか?
エンジニアは問題解決のプロなんだからこの問題ぐらいは簡単に解決できる気がするが、「宣伝には金がかかる」からこれをやろうとはしないんだろうね。
「自動販売機から無料でジュースを出す方法」ぐらい難しいよ。

友人ならともかく
「なぜオレが他人の作ったサービスを無料で宣伝してあげなければいけないんだ?」ということだろう。分かるよ

無料の宣伝サービスを運営していたことがある

宣伝について。
過去にwebサービスを宣伝できるようなサービスを暇つぶしに作ったことがある。
「お世話になりました」とか「有り難い」というメッセージをもらったこともあるが、、、結果的には「8割はアフィリエイトサイト」の宣伝で埋まった。
しかも、サービスではなく単なるブログも多く含まれていた。まあ、審査がなかったから仕方ない。性善説で動いていた。
世の中は腐っている。オレが見たかったwebサービスはそういうことじゃない。お金を稼ぐことは悪いこととは思わないが、アイデアがないのだ。
Amazonと楽天でどっちが安いかとか、単行本の新刊チェックだとか、そういったクソみたいなサービスが山のように押し寄せてきた。
検索して上に表示されていたから当然といえば当然かもしれないが、それをみたとき運営するのはやめた。
だから「100人に使ってもらえるようなサービス」は作れないことは実感として分かっている。(手動で審査ありならワンチャンあるが後々運営するのが面倒になるからおすすめしない)

100人が知り合いで相互フォロワーの集団だったら?

Twitterはゆるいつながりという話を聞いたことがある。じゃあ(売れない)個人開発者を100人集めて全員で相互に宣伝したり、利用したり、ダメ出ししたらいいんじゃないの?
というのが今の答えだ。
ただこれもうまくいかないだろうと思っている。全員がtakeを求める世界だ。
「オレのサービスを宣伝したらお前のも気分次第でしてやる」まずはくれというのだ。
最終的に馬が合う人達だけでLINEでもスカイプでもやって少人数のチームになるのがオチだろう。でもま個人開発者は個人でやらなくてはいけないよというルールもない。
作ったアプリがヒットしなくても友達ができたらそれなりに意味があったと思ったりするのではないだろうか?
作れば作るほどフォロワーが少しずつ増えて、10個目のサービスは作った初日にはてぶに乗るようになることは全然可能性としてある話だ。
そこからアクセスが右肩上がりで増えていくのか一瞬増えたがしぼんでいくのかは分からないが、一回でもワッと人がきてくれるだけで救われることもある。

大切なものはほしいものより先に来た

ということで、お金をかけずにアクセスが欲しいなら横のつながりしかないと思っている。
いってしまえば、お金以外のものを与えてアクセスとして返してもらうということだ。
で、Twitterをはじめた。
個人開発者を100人集めたいと思っている。とりあえず見てもらいたいとか、ダメ出しされたい人がいたらする。
開発者というのは不安でいっぱいだ。公開するまえに「イケてんのか?」が知りたいのだ。
だから、イケてるとかイケてへんという話をしてあげたい。何がイケてへんのかもちゃんと説明する。

Give and Take。オレはまずは延々とGiveをしよう。100人以上個人開発者のフォロワーが増えたらオレもなんか作ってみてもらいたいなと思っている。
どうだろう。一旦フォローしてみないか?
集客の突破口は横のつながりしないと思うよ

@流河旱樹

Unity+photonでネトゲを個人開発したこともあるからゲーム開発者も仲良くしてね♥

こういう提案をしてくれる人はいないんだろうか

最近はオンラインサロンとかいうのがあるらしいな。金を払って働けだ? 笑わせる
日本からリーダーはいなくなった。オレも面倒はゴメンだ。ただ面白がってやりたいだけだ。
これはポエムだ。少しスッキリしたよ。
個人開発者のゆるいチームみたいなものが既に存在していて、個人情報を晒す必要がないなら教えていただけると助かる。
オレもそこに参加したい


流河旱樹

ID変更してます。 https://twitter.com/ryuuga_h

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント