2019-07-01に投稿

ビジネスデータ分析手法基礎:課題 バス通勤

課題対象者:受講者全員
課題:

1.状況:新入社員の鎌田君は、会社から30分程度のところにアパートを借りた。アパートと会社の間を毎日バスを利用して通勤している。利用できるバスは2社あって、一つは自治体が運行しているコミュニティバスで、もう一つは私鉄が運営しているめぐろ交通だ。所要時間も料金も同じ、バス停の位置もほとんど同じだ。
2.意思決定事項;どちらのバスの定期券を買うべきか?
3.調べたデータ:時刻表、定時運行しているかどうか。定刻に対して実際にバスが来た時間の差の平均値は以下の表のとおりとします。

バス遅れ表.jpg

ヒント:平均値、標準偏差


Masao Kato

ビジネスデータ分析、AI(人工知能)ビジネスストラテジストの加藤です。AI技術とビジネスの橋渡しのような仕事をしています。 趣味で、NWAWinesというノースウエストアメリカのワインやグルメ情報の発信と、ワイン関係のブログもやっています。

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント