2024-05-10に投稿

モバイルキャンペーン管理プラットフォーム業界動向、洞察、分析概要 - 2023-2035年予測

モバイルキャンペーン管理プラットフォーム 市場分析
小さな需要の少ない地域の保険は、モバイルキャンペーン管理プラットフォームです。消費者と企業を経済的危険から保護するために保険が必要です。企業は、モバイルキャンペーン管理を使用して、スマートフォン、モバイルデバイス、Webサイト、ソーシャルメディア、電子メール、およびその他のチャネルを介して人々にオファーを伝達することにより、デジタルマーケティングキャンペーンを管理できます。

image

無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-110943

モバイルキャンペーン管理プラットフォーム市場セグメント
モバイルキャンペーン管理プラットフォーム市場は、企業規模別(中小企業、大企業)、デバイス別(iOS、Android、Windows)、業界別(小売、日用消費財、金融サービス、ホスピタリティ、イベント・エンターテインメント、自動車、IT・テレコム、エネルギー、ロジスティクス、旅行・観光、その他(健康・フィットネス、不動産業者))、および地域別に分割されます。

モバイルキャンペーン管理プラットフォーム市場の地域概要
モバイルキャンペーン管理プラットフォーム市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、2023ー2035年の予測期間中にモバイルキャンペーン管理プラットフォーム市場を支配します。これは、IBM、Adobe、Oracleなどの主要な主要企業の存在に起因しています。さらに、スマートフォンの採用率の上昇もこの地域のモバイルキャンペーン管理プラットフォーム市場の成長に貢献しています。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

宮津比奈

SDKIマーケットリサーチという、企業の市場調査を行う会社で働いているhina miyazuと申します。また、関連する分野での今後の展開も予測しています。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント