2024-05-16に投稿

ドライ真空ポンプ産業インサイト、シェア、成長、サイズ概要、2023-2035年予測

ドライ真空ポンプ 市場分析
例えば、モントリオール議定書は、クロロフルオロカーボン(CFC)やハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)などのオゾン層破壊物質の生産と消費を段階的に廃止し、オゾン層の保護を目的とした国際協定で す。この議定書の結果、油で密閉された真空ポンプの使用は大幅に制限され、ドライ真空ポンプの採用へとつながりました。

image

無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-116535

世界のドライ真空ポンプ市場のセグメント
エンドユーザーに基づいて、医薬品セグメントは予測期間終了までに市場収益の大きなシェアを占めると予想されます。同セグメントは、2035年まで26%の成長率が見込まれています。このセグメントの成長の主な理由は、自動化およびデジタル化の進展です。製薬業界では、効率性の向上とコスト削減のために、自動化とデジタル化の導入が進んでいます。

世界のドライ真空ポンプ市場の地域概要
当社のドライ真空ポンプ市場調査によると、予測期間中に、アジア太平洋地域は、予測期間中に最も速い速度で成長するはずなので、ドライシェア真空ポンプにおいて最も有利な機会を提供すると予想されます。2030年まで、アジア太平洋地域の市場は24%のCAGRで成長すると予想されています。アジア太平洋地域では、特に中国やインドなどの新興国において急速な工業化が進んでいます。

北米地域は、予測期間中に世界市場の収益で大きなシェアを占めると予想される地域です。同地域は、2020年に市場の30%の収益シェアを占めています。北米には、ドライ真空ポンプの主要なエンドユーザーである製薬会社やバイオテクノロジー会社が多数存在します。バイオ医薬品や個別化医療に対する需要の高まりが、これらの地域におけるドライ真空ポンプの需要を牽引すると期待されています。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

宮津比奈

SDKIマーケットリサーチという、企業の市場調査を行う会社で働いているhina miyazuと申します。また、関連する分野での今後の展開も予測しています。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント