2024-05-29に投稿

電子書籍産業調査、シェア、サイズレポート、成長、需要、トップメーカー - 2024-2036年予測

電子書籍の 市場分析
電子書籍市場の成長原動力は主に、世界中の読者の嗜好の進化によって促進されています。 世界的に見ると、スマートフォン、タブレット、電子書籍リーダーの普及が電子書籍の消費量の急増に大幅な貢献しています。 テクノロジーの進歩と熱心な読者の国として知られる日本でも、電子書籍市場は同様の成長傾向にあります。 人口の急速な高齢化とテクノロジー統合の重視により、電子書籍の需要は大幅に増加しています。

image

無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-83478

電子書籍市場セグメンテーション
当社は、電子書籍市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。当社は、カテゴリ別および垂直別ごとに市場を分割しました。世界の電子書籍市場はカテゴリに基づいて、無料電子書籍、有料電子書籍に分割されています。これらのセグメントのうち、無料電子書籍セグメントは市場で重要な地位を占めており、2036 年までに市場総収益に最大 67% の貢献を果たします。無料の電子書籍は、読者に膨大なコンテンツのライブラリへの無料アクセスを提供し、電子書籍市場の重要な成長ドライバーです。

電子書籍市場の動向分析と将来予測:地域概要
アジア太平洋地域の市場は、市場で最も有利で報酬の高い機会を提供すると予想されています。 アジア太平洋地域は、2036 年までに市場シェアの約 29% 以上を占めるようになります。この地域は、デジタル インフラストラクチャの急速な拡大、識字率の向上、スマートフォンの人気の高まりにより、電子書籍の市場普及に大幅な潜在力を持っています。

北米地域の市場も、予測期間中に最大 33% の市場シェアを獲得すると予想されます。 この地域には、ますますデジタル化された社会とテクノロジーへの広範なアクセスのおかげで、電子コンテンツの消費に熱心な裕福な人口が多く住んでいます。 電子ブックの人気は、利便性、携帯性、堅牢な電子商取引インフラストラクチャなどの要因によるものです。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

宮津比奈

SDKIマーケットリサーチという、企業の市場調査を行う会社で働いているhina miyazuと申します。また、関連する分野での今後の展開も予測しています。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント