2024-05-30に投稿

クラウド請求書産業調査, シェア, サイズレポート, 成長, 需要, トップメーカー - 2024-2036年予測

クラウド課金の 市場分析
業界におけるクラウドベースのサービスの主な推進力は、データ主権 (約 43%) と支出の最適化 (約 42%) であることがわかります。 日本では、主にオンラインのモバイル決済を介したデジタル取引の人気が高まっており、クラウド課金市場が重要な役割を果たしている領域の 1 つです。 デジタル取引は、消費者に提供されるスピードと利便性により、全国的に増加しています。

image

無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-92894

クラウド課金市場セグメンテーション
この展開ソリューションでは、アプリケーション、ストレージ、仮想サーバーなどのさまざまなリソースがオンラインで顧客と企業に提供されます。 パブリック クラウド サービスを通じて提供されるソリューションは、無料またはサブスクリプション サービスを通じて提供されます。 これは、さまざまな企業がスケーラビリティのニーズを満たしたり、シームレスな展開を確保したりするのに役立ちます。

クラウド課金市場の動向分析と将来予測地域概要
たとえば、当社のアナリストによると、2023 会計年度第 3 四半期における中国のクラウドビリング市場 インフラストラクチャサービスへの支出は約 98 億米ドルに達し、全世界のクラウド支出の 約13% を占めています。日本のクラウド課金市場は、大量のデジタル請求書の生成につながった国内の電子商取引の増加により、予測期間中に成長すると予想されています。

クラウド課金市場の傾向によれば、北米市場地域は予測期間中に最大 33% の最大の市場シェアを保持すると予想されます。 これは、世界の他の地域と比較して、北米地域の国々がより先進的で革新的な小売部門の 1 つを保有しているためです。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

宮津比奈

SDKIマーケットリサーチという、企業の市場調査を行う会社で働いているhina miyazuと申します。また、関連する分野での今後の展開も予測しています。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント