2024-06-05に投稿

世界のトークン化産業調査、シェア、サイズレポート、成長、需要、トップメーカー - 2024-2036年予測

当社の調査によると、トークン化市場は予測期間中に年平均成長率(CAGR)約19.7%で拡大し、2036年には約644億米ドルの規模に達すると予測している。さらに、2024年のトークン化市場の成長率は中程度と予測される。一方、当社の調査専門家は、トークン化産業は2023年までに62.1億米ドルの収益を生み出すと予測しています。

image

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます: https://www.sdki.jp/sample-request-106156

トークン市場分析

デジタル経済におけるセキュリティ、有効性、アクセシビリティに対する要求の高まりが、トークン化市場の拡大に拍車をかけている。その結果、トークン化ソリューションの需要は、日本だけでなく他の国々でも、ローカルとグローバルの力が混在して牽引している。

トークン化市場のセグメンテーション

トークン化市場の各分野におけるビジネスチャンスと需要を明らかにするため、調査を実施した。世界のトークナイゼーション市場は、アプリケーション分野に基づいて、決済セキュリティとユーザー認証の2つのセグメントに分けられる。予測期間中、決済セキュリティが61%市場をリードすると予測される。デジタル決済の利用が増えるにつれ、銀行や決済アプリケーション開発者は、機密性の高い顧客データを保護するためにこのソリューションを利用している。このデータセキュリティソリューションは、強力なセキュリティ基盤を提供しながら、決済アプリケーションの有効性を高める。

地域別概要

予測期間中、アジア太平洋地域が29%と最も高い市場シェアを占めると予想される。オンラインショッピングやオンライン取引におけるスマートフォンの利用が増加していることに加え、オンライン取引の迅速な普及が新たなサイバー危険を生み出していることが、トークン化ソリューションの普及を後押ししている。オンライン取引では、この地域の顧客は国内外を問わず、さまざまな支払い方法を利用している。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

マベナ千秋

東京にある市場調査・コンサルティング会社、株式会社SDKIで市場調査エグゼクティブとして働いています。私たちは、様々な業界や業種のお客様に、総合的なオーダーメイドの顧客体験を提供しています。私たちのミッションは、信頼性が高く、正確で、実用的なリサーチをクライアントに提供し、クライアントの意思決定プロセスを支援することです。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント