2024-06-06に投稿

デジタルワークプレイス産業規模調査、シェア、動向、洞察、トップメーカー、需要分析概要 - 2024-2036年予測

デジタルワークプレイス市場の分析
デジタルワークプレイスとは、物理的なワークプレイスをオンラインまたはデジタル化したもので、組織内のワーカーのコミュニケーション、チームワーク、知識の共有、生産性の向上を促進する。デジタルワークプレイスで働くワーカーは、タブレット、コンピューター、スマートフォンなど様々なガジェットにアクセスすることができます。

image

無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-77171

デジタルワークプレイスの市場セグメント
デジタルワークプレイスに関連するいくつかの市場分野の見通しと需要に光を当てるため、当社は調査を実施しました。デジタルワークプレイス市場は、エンドユーザー、企業規模、導入形態、サービス、ソリューション、コンポーネントによってセグメント分けされており、製造業、メディア&エンターテインメント、BFSI、ヘルスケア、小売、IT&テレコム、官公庁など、製品タイプによって区分されている。

デジタル・ワークプレイス市場は、コンポーネントによってソリューションとサービスに分けられる。2036年末までには、ソリューションサブセグメントの市場シェアが最大となり、60%に達する可能性がある。世界中の企業は、リソースの最適化と効率化の手段として、デジタル技術の導入を進めている。コンポーネントに基づいて、デジタルワークプレイス市場は、ソリューション、サービスに分割されています。これらのソリューションには、コンテンツ管理システム、ソーシャルメディアやコラボレーション・プラットフォーム、クラウド・ストレージ・ツールなどが含まれる。

地域別デジタルワークプレイス市場の概要
2024年から2036年にかけて、アジア太平洋地域のデジタルワークプレイス市場は、他の地域市場の中で最も速い速度で発展すると予測されている。予測期間中、同地域は世界市場収益の約30%を占めると思われる。この地域の組織内で起きている迅速なデジタル変革が、市場拡大の原因となるはずである。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

宮津比奈

SDKIマーケットリサーチという、企業の市場調査を行う会社で働いているhina miyazuと申します。また、関連する分野での今後の展開も予測しています。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント