2024-06-07に投稿

世界のデータセンター建設産業の規模調査、シェア、動向、洞察、トップメーカー、需要分析概要 - 2024-2036年までの予測

2023年、データセンター構築産業の売上高は1,916億米ドルを超えた。さらに、当社のデータセンター構築市場の洞察によると、予測期間中、同市場は約7.53%の複合年間成長率(CAGR)で拡大し、2036年には約3,153億米ドルの評価額に達すると予測されている。

image

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます: https://www.sdki.jp/sample-request-91321

データセンター建設市場の成長要因

  • データ消費の拡大 データセンター構築市場の拡大を後押ししている主な要因の1つは、世界中で起きているデータ消費の急激な増加である。さらに、クラウド・コンピューティング、IoT、スマートフォンなどのデジタル技術の普及に伴い、データストレージのニーズが世界的に拡大している。企業、政府、民間によって大量のデータが日々生成・消費されているため、効果的で安全なストレージ技術の利用が必要となっている。さらに、企業によるデジタルトランスフォーメーション・イニシアチブの採用拡大により、信頼性が高く大容量のデータセンターへの需要が高まっている。
  • 規制順守の強化 サイバーセキュリティの盗難が増加しているため、プライバシーとデータ保護に関する規制が強く求められている。安全なデータ処理と保存を求める厳しい規制が政府や国際機関によって課されている。GDPRのようなデータ保管やセキュリティに関する法律の制定は、これらの要件に準拠したデータセンターへの投資を企業に促している。コンプライアンス違反は厳しい罰則や顧客の信頼低下につながるため、最新のデータセンター・インフラは企業にとって不可欠なものとなっている。さらに、法的・規制上の要件を遵守する必要性が高まっているため、企業は現在のインフラを最新化したり、新たなデータセンター建設プロジェクトを開始したりするインセンティブを高めている。

データセンター構築市場セグメント

この調査の目的は、データセンターの開発に関連する様々な市場セグメントに対する需要と予後を明らかにすることである。データセンター建設市場は、タイプ別に中型データセンター、企業向けデータセンター、大型データセンターの3つに分類される。これらのカテゴリーの中では、予測期間を通じて大型データセンターが最も大きな市場シェアを占めている。階層別に見ると、データセンター構築分野はTier I & II、Tier III、Tier IVのカテゴリーに分けられる。この大きな市場シェアは、データセンター間の冗長性の増加によるものである。

データセンター建設市場の地域別概観

北米は、予測期間を通じてデータセンタービルディング市場で45%を超える最大の収益シェアを占めると予測されている。予測期間中、アジア太平洋地域はデータセンタービルディング市場における割合が一貫して増加すると予測されている。ITインフラの拡大、それに伴うデータ消費やクラウドコンピューティングの増加は、アジア太平洋地域のデータセンタービル市場の成長を後押しする要因のひとつである。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

マベナ千秋

東京にある市場調査・コンサルティング会社、株式会社SDKIで市場調査エグゼクティブとして働いています。私たちは、様々な業界や業種のお客様に、総合的なオーダーメイドの顧客体験を提供しています。私たちのミッションは、信頼性が高く、正確で、実用的なリサーチをクライアントに提供し、クライアントの意思決定プロセスを支援することです。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント