2024-06-10に投稿

世界の企業研修サービス産業規模調査、シェア、動向、洞察、トップメーカー、需要分析概要 - 2024-2036年までの予測

この種の研修プログラムは、「企業研修」または最近では「職場学習」と呼ばれることもあり、スタッフに教えることに重点を置いている。従業員が個人的または職業的なキャリアを向上させるために学び、成長することは、企業にとっても個人にとっても有益である。

image

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます:https://www.sdki.jp/sample-request-89727

企業向けトレーニングサービス市場の成長要因

  • 継続的な学習に対する世界的な需要が高まっており、その結果、数多くのトレーニングや学習戦略、ソリューションが幅広く利用されるようになる。フランス、ドイツ、英国などの国々から高い収益成長が見込まれるため、欧州のトレーニング市場は予測期間を通じて大幅に拡大すると予想される。
  • 高速インターネット・ネットワークが広く利用できるようになり、アップロードされたストリーミング・ビデオをカリキュラムに統合するオンライン学習の拡大傾向に拍車がかかっている。ビデオベースの学習は、既存の学習方法に新たなレベルの複雑さを加えている。

企業研修サービスの市場セグメンテーション

企業向け研修サービス市場は、タイプ別に「管理職育成」「情報通信技術研修」「資格取得」の3つに分類される。情報通信技術研修の必要性は、インターネットの世界的な普及やIoT(モノのインターネット)の広範な導入により拡大した。インターネットが世界的に普及し、モノのインターネット(IoT)が広範に導入されたことで、情報通信技術研修の必要性は拡大した。これらの研修には多くの時間がかかることが多く、その結果、企業は現在、時間管理と従業員研修のためにこの戦略に頼っている。

状況は遅れている

世界の企業向けトレーニングサービス市場のトッププレーヤーは、Cummins Inc.、Volvo Group、Kohler Co.、Caterpillar Inc.、Phinia Inc.である。さらに、日本市場におけるライバル上位5社は、ボッシュAG、コンチネンタルAG、AGCOコーポレーション、三菱重工業、フォード・モーター・カンパニーである。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

マベナ千秋

東京にある市場調査・コンサルティング会社、株式会社SDKIで市場調査エグゼクティブとして働いています。私たちは、様々な業界や業種のお客様に、総合的なオーダーメイドの顧客体験を提供しています。私たちのミッションは、信頼性が高く、正確で、実用的なリサーチをクライアントに提供し、クライアントの意思決定プロセスを支援することです。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント