2024-06-11に更新

世界の画像認識産業の市場規模調査、シェア、動向、洞察、トップメーカー、需要分析概要 - 2024-2036年までの予測

コンテンツ、ロゴ、建物、個人、場所、物体など、コンピュータ化された写真の構成要素を認識するプログラムと技術革新の能力は、画像認識として知られている。このため、コンピュータは偽の洞察力(AI)コンピュータ・プログラム、カメラ、マシン・ビジョン・イノベーションを利用する。画像認識の別のタイトルは、写真認識または画像認識です。

image

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます: https://www.sdki.jp/sample-request-111573

画像認識市場の成長要因

  • COVID-19は、顔認識アプリケーションと技術革新の利用の急増に牽引された。世界保健機関(WHO)は、ウイルスの蔓延を食い止めるためのバイオセーフティ度として、蔓延の中でベールの着用を命じた。
  • 人工知能(AI)主導のイノベーションの発展 デザイン認識、コンピューター・ビジョン、マシン・ビジョンなど他の数多くのイノベーションと同様に、この業界もAIとペアで上昇すると予想される。

画像認識の市場セグメント

コンポーネントに基づいて、画像認識市場はハードウェア、ソフトウェア、サービスに分類される。つまり、ソフトウェアのサブセグメントが2036年末までに最大の市場シェア(50%)を占めることになる。これは、ソフトウェア製品の設計・開発に画像認識・識別アルゴリズムが広く使用されているためである。また、視覚的ソースから関連データを収集・利用するための画像認識技術への投資も行われている。

地域別画像認識市場概要

また、同地域におけるITインフラの成長が業界拡大の原動力となることが期待される。さらに、商業化を加速し、ビジネスにおけるAIの倫理的利用を促進するカナダ政府の取り組みが、市場拡大の原動力になると期待されている。例えば、カナダ政府は汎カナダ人工知能戦略の第2段階を2022年6月に開始すると発表した。4億4300万ドルを投資するこの計画は、カナダの研究インフラと人材プールを改善することを目的としている。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

マベナ千秋

東京にある市場調査・コンサルティング会社、株式会社SDKIで市場調査エグゼクティブとして働いています。私たちは、様々な業界や業種のお客様に、総合的なオーダーメイドの顧客体験を提供しています。私たちのミッションは、信頼性が高く、正確で、実用的なリサーチをクライアントに提供し、クライアントの意思決定プロセスを支援することです。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント