2019-05-24に投稿

大学生スマホゲーム制作者がお金をかけないマーケティングを考える

おはようございます。

外食では選ぶ時間がもったいなくて、メニューの左上か左の人と同じものを注文する大学生ゲーム制作者の村人Uです。

最近は、ゲームのマーケティングというか集客みたいな事ばかり考えていて、それが決まらないと先に進めないので大変です。

僕らの作っているスマホゲーム「Play The Fox」は複数人で遊ぶオンラインゲームなのですが、そもそも人がいないと遊ぶことが出来ません

という事で、プレイをする""を集めなくてはいけないわけですが、当然そんな事をやった経験はないのでなかなか苦労しております。(コードが書きたい!)

マーケティングの王道

まずは、一般的なスマホゲームのマーケティングを書いておきます。

一口にマーケティングと言っても種類があるわけですが、ここでは初期プレイヤーの獲得を目的にしたマーケティングに関して考えます。

  • 広告
  • Twitter
  • YouTube
  • TV CM
  • ウェブサイト

1番多いのはTwitterです。

Twitter拡散力がずば抜けている為、いわゆるバズを起こしやすいです。

基本的な使い方としては、事前登録のキャンペーンを実施したり情報解禁をしたりします。

例えば、3000リツイートでアイテムがもらえるとか、プレゼントキャンペーンみたいなことをします。

次が、広告です。

Twitter、YouTube、ウェブサイト、アプリ内などありますが、人の目に付く場所に広告を載せる事で世間に認知させることが出来ます。

YouTubeなどもありますが、多くの場合この2つが大きいと思われます。

個人開発者のマーケティングの限界

個人開発者が上記の方法をそのまま使おうとすると問題が起きます。

それは、元手となるお金と名前が無いという事です。

Twitterの場合、事前登録をしてもらうにはリツイートをしてもらう必要があります。

そしてTwitterで伝えられる情報はめちゃくちゃ少ないです。

その中で事前登録をしてもらうには、リツイートしたくなるような面白そうな動画、企画などを行う必要が出てきます。

この時、既に実績のあるゲーム会社であれば前作からの期待で事前登録する人が一定層います。

対して個人の場合そのような人はおらず、最初のリツイート者が出ずに終わってしまうパターンがありえます。

また、予算の差と人手の差から企業ほどの企画も出来ないでしょう。

広告に関してはさらに無理があります。

広告を出すにはお金がかかります。

これは割と馬鹿にならないくらいかかるので、お金に余裕があるか、回収できる相当の自信作でないと厳しくなります

僕が仕掛けたい策「Line」

まだ詰め切れていないのですが、今考えている策があります。

それがLine連携です。

ゲーム内からLineで招待を送る機能を作ります。

本来、Lineはそこまで拡散力は高くないですが今回はあえてLineを使おうと思います。

そもそも、僕ら個人開発者が作ったゲームがストレスなく他のプレイヤーとマッチング出来るほどの人を集める事はほぼ不可能です。(相当Twitterでバズった場合はあり得ます)

結果、「面白そうだけど人がいないからつまらない(プレイできない)」現象が発生してこのゲームは一生報われません。

それではお客さんにもゲームにも申し訳ないので、せめてインストールしてくれた人だけは良い思いをさせてあげたいです。

ではどうするか。

そもそも、ゲームをプレイするだけならプレイできる最小人数さえ集まれば良いはずです。

その人数は大抵の場合、「身内」だけで事足ります。

そして今、身内に声をかける最強のツールが「Line」です。

Lineで連絡が来たら皆見ますよね。

ただし、Lineの懸念点は「誘いづらい」と「面倒くさい」です。

Twitterなどの不特定多数に向けての発信と違って、Lineの場合相手の顔が分かっています

その人と一緒にゲームをする事への抵抗だったり、申し訳なさから連絡しづらい可能性があります。

また、Lineの場合、

ゲーム内からログイン→誘う相手を選択→送信ボタンを押す

の3ステップが必要になり単純に面倒くさいので、避ける可能性があります。

ひとこと

一般的なマーケティングについてはあまり詳しく触れられなかったので、また別の記事にまとめようかと思います。

個人制作者がどうしてもマルチプレイのゲームに手を出しづらい現状をどうにかしたいです。

ひとまず、僕らの「Play The Fox」は「身内で遊べる最強のゲーム」を目指してみようと思います。

こちらからは以上でーす。

Originally published at questgames.hatenablog.com
ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

QuestGames

全ては5年前に始まった。 QuestGamesはゲームを作る3人組です。 僕らの物語は現在執筆中です。ブログをご覧ください。

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント