セールサーチというサービスをリリースしました

ogp.png
2019年4月30日。今日は平成最後の日です。そんな日に新しいWebサービスをリリースしました。
セールサーチ」というサービスです。

セールサーチってどんなサービス?

楽天やAmazonなどのネットショップのセール情報を横断検索できるサービスです。カレンダー形式にも表示することができます。
いつものお買い物をちょっと賢く」をテーマに、複雑なネットショッピングのセール情報を少しでも分かりやすくユーザーに提供できればなと思い開発しました。

実は本業で使えるなと思って作ったという理由もあります

わたしはEC関連のWebサービスベンチャーで企画を担当しています。セールサーチは本業でもあったら便利だなと思って作ったという側面もあります。

一般ユーザーはお買い物をする前にお得なセールやっているショップを探すという使い方を想定していますが、実は私は真逆の使い方をしたいなと思ってます。私の場合は、自社サイトのトラフィックの動きと他社ECのセール状況というのを関連付けて分析とかするシーンが割とあるので、その際に使いたいなと思ってます。つまり、事後に何があったかをパッと見で分かるというのがやりたいなと。それだけでなく、色々なECサイトがあの手この手で魅力的なセールを企画してきますので、その調査にもなるなと。そんな感じです。ただ、本業で使えるようにするには情報の蓄積が重要なので頑張って開発とか運営とかやっていきたいと思います。

今度こそグロースしたい

1月末くらいに平成年表というサービスをリリースしたのですが、残念ながらグロースさせることができず、平成も本日終わりを迎えてしまいました。やれることはいっぱいあったんだろうなと思うのですが、そこまでリソースを割くことをしなかった。ちょっと後悔です。
今回のセールサーチはグロースのために最低でも半年間は改善をやっていきたいと思っています。
平成年表は投稿型のサイトだったので、人気や注目を集める必要がありましたが、今回のセールサーチは検索サイトなのでデータと見せ方がすべてだと思っています。ユーザーが必要な情報をいかに集めて、ユーザーにどう見せるか。これを半年間突き詰めていきたいと思っています。そのためには掲載ショップを増やす、掲載情報の鮮度を新しくする、セール情報の分析や独自の評価やランキングを見せるなどやれることは大量にあると思っています。

現段階のセールサーチは完成形の1%程度でしかない

本気でそう思っています。だから現段階ではサービスの宣伝は普段お世話になっているCrieitと開発会議とTwitterだけにします。
まだ大規模に宣伝するフェーズではない。本当にそう思っています。
そもそも開発着手したのって、4月27日(土)です笑。最近お世話になっている3monthsServiceの集いの中で開発着手しました。GW暇だったのでガッツリ開発時間を確保することができ、リリースに至りました。今回もfirebase+Vue.jsなので前のソースの流用ができるってのも大きかった。

それでもリリースしたのはなぜか?

  • ドメインの力をつけたい(Google検索のため)
  • 自分のケツを叩きたい
    理由としてはこれくらいです。現段階ではそこまで使われる状態にはないと思っています。このサービスは口コミというよりは検索で上位をとれないとグロースは難しいサービスだと思っています。コミュニティ形成ではなく、いかに多くの人の目に触れるかが重要なサービス。だから早めにリリースしてちょっとでもGoogleの評価を上げていくことが重要なはず。そう思ってリリースを急ぎました。

さいごに

今度こそ頑張ります!


かつお@Webサービス開発中

自称Webエンジニア。平成年表作りました(1/27公開)。平成最後の年にみんなで平成を懐かしんだり、こんな事あったねって盛り上がりたい。平成年表へのお問い合わせやご意見はお気軽にDMください。開発はVue.js+Firebaseでやってます。

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント