2024-05-17に投稿

ナイロン66の市場規模、動向、洞察分析、2023-2035年予測

ナイロン66 市場分析
当社の調査によると、排出ガス規制に関する政府の規制が厳しくなり、車両の軽量化と燃料効率の向上を目的としたプラスチックの消費量が増加し、市場全体の需要がさらに高まることになります。高引張強度、高弾性、優れた耐摩耗性という適切な特性により、ナイロン 6 および 66 は徐々に自動車の金属部品に取って代わります。

image

無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-58331

ナイロン66市場のセグメント
繊維ベースの製品よりも優れたナイロン 66 と呼ばれる樹脂グレードのナイロン 66 は、純度が高く、分子量がより安定しています。このような優れた品質により、さまざまな方法で成形できる可能性があり、引張強度や耐熱性の点で効率が向上します。

アプリケーションの種類に基づいて、自動車産業セグメントは、エンジンカバー、エアインテークマニホールド、オイルパン、燃料タンクから始まる自動車の幅広い用途により、世界のナイロン66市場で最大の収益に貢献しています。ナイロン 66 は金属基材のコーティングにも使用されます。

ナイロン66市場の地域概要
こうした広範な成長の見通しは、自動車業界における軽量で燃費の良い車両に対する需要の高まりによるものと考えられます。国際自動車製造業者機構は、北米で生産される乗用車の総数が 2021 年に 1,000 万台を超えたと推定しており、この地域の自動車情勢は成長軌道に乗っており、ナイロン 66 市場の成長範囲が拡大していると推定されています。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

宮津比奈

SDKIマーケットリサーチという、企業の市場調査を行う会社で働いているhina miyazuと申します。また、関連する分野での今後の展開も予測しています。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント