2021-11-21に更新

基本情報技術者試験に落ちた話

はじめに

この記事は2021年(令和3年) 秋季 基本情報者試験を受験した結果を記録するものです。
当時の心境等を記し、未来の自分が笑って読めるのを目標にしています。
そして初めての記事投稿となります。

~本人のスペック~

文系普通科公立高校卒業。
人生で勉強をまともにしたことがないことが自慢。
高校入試試験日に試験の休憩時間にモンハンを友達とやっていたレベル。
要するにバカです(笑)
エンジニアになりたての駆け出しハンター🍃

受験情報と勉強期間

受験時期
午前試験:2021年10月2日(土) 9時~
午後試験:2021年10月10日(日) 12時45分~

得点数
午前試験:56.25点
午後試験:44点

勉強期間:2021年8月~10月9日まで
8月:キタミ式参考書を読む。過去問を適当に解く。この時点で過去問50点もとれず。
9月上旬:少し気合を入れて過去問を解く。60点に届かない時期です。
9月中旬:午後問題の過去問を直近5年分解く。午前を諦めて午後に逃げた時期。
9月下旬(午前試験受験1週間前):死ぬ気で平成24年までの過去問を解きまくり70点以上にする。
10月上旬:落ちたショックからだらだら午後試験の過去問を解いていた。。。

結果と反省

タイトル通り落ちました。
なぜ落ちたのか残しておこうと思います。

  • 敗因1:試験会場ミス

午前試験の試験会場を間違えました。
試験会場周辺に1時間以上前に到着していましたが、駅の反対側の全く違う場所に行ってしまいました。
そこから走って駅の反対側の試験会場に向かいました。
結果としては間に合ったのですが、最後の確認等なく心臓バクバクのまま受験しました。

  • 敗因2:計画のない勉強、計算を捨てたこと

8月から勉強していますが8月末時点で「過去問道場」の得点は50点以下でした。
参考書を1回読むのに1か月も使ってしまいました。
「どんだけ遅いねんっ」のツッコミどしどしお待ちしております。
また数学を全く勉強していなかったので、今回の試験は計算問題全部捨てて挑むことにしました←なんでやねん!
その時は解けても、2日後には数式が頭から完全に抜けてしまうレベルでした。

  • 敗因3:午後試験の時間配分ミス

まさかの選択問題を全部解いていくといアホなことをして時間切れ。
気づいた時には、午前試験落ちてるしいいやと思って諦めてしまいました。

当時の心境

午前試験時

試験会場を間違え焦っている状況からの即試験。
また、試験自体も高校入試以来。
緊張で手汗が止まらず、何度もズボンで拭う(笑)
試験中の問題が全く頭に入ってこなくて焦りました。
焦りから更に増加の一途をたどる手汗!
試験を終え会場を出た時には全身汗だくでした。

午後試験時

午前試験の時の反省を生かして試験会場はバッチリでした。
しかし、心の底で午前試験落ちたことでモチベーションが落ちており投げやりな面もありました。
そして試験中後半で選択問題だと気付くが時遅し。
なぜ全て解こうとしてしまったのか、、、計画性の無さが露呈してしまいました。

感想

試験に落ちた時にどこかの記事に「資格も取れないエンジニアなんかクズ」というコメントを見てさらに落ち込んだりしていました。

たしかに試験勉強前は何も知らない人間でした。
しかし今では少しは理解できた面もあり、仕事に役立っている面も少なからずあります。
当時の希望であったアプリ制作関連の仕事の希望から方向が変わったキッカケでもあります。
受験後は悔しさでこんな試験にも合格できない自分が嫌で仕方なかった期間もありましたが、
今では勉強して良かったと思っています。(受験日の苦痛は今でも忘れないです(笑))

そして来年に再受験しますが、再度自分との戦いになります。
僕のような人間もいると笑ってみてくれたらなと思います。
今年落ちた人達は来年の「合格」目指して一緒に頑張りましょう!
少しでも前向きになれたらと思っています。人生楽しく!
最後に既に沢山の資格を持った素晴らしいエンジニアの方々へ
「まってろよ!すぐに追いついてやるからな!☆」

以上。ここまで読んでくださった方へ。ありがとうございました。

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

uchikadon

初めまして。 文系普通科高校出身。元バンドマン。好きな食べ物はうどんのうちかどんです。 工場の製造系で長い間働いていました。 エンジニアとして毎日少しでも成長していくことを目標としています! 駆け出し新米エンジニアです。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント