2019-06-04に更新

Azure VPN Gatewayとは

背景

オンプレミス環境では、セキュリティーを確保するために、拠点間の接続では、VPNが利用されています。

image.png

クラウド環境では、安価で性能の高いCPUが使えるため、オンプレミス環境からLift and Shiftでサーバとサービスをクラウドへ移行しています。
image.png

クラウド環境はインターネットの向こうにあるため、セキュリティーを確保するために、クラウドとの通信もVPNを利用するようになる必要があります。

image.png

インターネットVPN接続によるネットワーク構成

オンプレミス環境にある物理的なルーターと仮想ゲートウェイはIPsecなどの暗号化トンネルで結ばれます。これを通じて、オンプレミス環境にある機器とクラウド上にある仮想ネットワークが通信します。
image.png

オンプレミスネットワークとのVPN接続

  • サイト間VPN (S2S)
  • ポイント対サイトVPN (S2P)

image.png

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

Azure Sheep

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント