2019-07-28に投稿

仮想マシンのそれぞれレベルの違い(Basic, 低優先度、standard)

仮想マシンのサイズのレベルでは、Basic, 低優先度とstandardがあります。

Basicレベル
負荷分散、オートスケーリング、メモリ消費量の多い仮想マシンのいずれも必要としない開発ワークロード、テスト サーバー、その他のアプリケーションの経済性の高いオプション。 
image.png

低優先度レベル
一般的に、ジョブが多数の並列タスクに分割されていたり、スケールアウトされた多数のジョブが多数の VM に分散されていたりするバッチ処理ワークロードに適しています。
image.png

Standardレベル
最高の柔軟性。仮想マシンのすべての構成および機能がサポートされます。

image.png


Azure Sheep

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント