2018-09-29に更新

CakePHP3のテスト時にBehaviorによるエラー

CakePHP3でテストをする際、突然大量のエラーが発生することがあった。
その直前にやったことといえばBehavior関連のテストの作り込み。

関連するテストが2箇所あるのだが、その両方を実行するとエラーになり、どちらかだけコメントアウトするとエラーが出ない。
両方が相互に絡み合ってエラーになっているらしい。

調べてみると、そのテストはファイル関連のbehaviorを使ったテストだったため、
behavior側にファイル操作関連の設定をできるようにしてテストを用意にしていた。
通常は呼ばれないのだがテスト用にだけ必要なメソッドを使っていた。

どうもテストが変わってもその設定が保持されてしまっているらしく、2回めに呼ばれたテストがエラーになってしまっていたらしい。
もちろんtearDownでモデルはunsetしている。それにもかかわらず。

どうもBehaviorはTable内に直接保存されているわけではないのでunsetだけでは他のテストに影響する状況が残ってしまうらしい。
テスト終了時に設定を元に戻す処理を実行するとエラーが出なくなった。

ちなみに、BehaviorはBehaviorRegistryに登録されており、
これはTableRegistryと同様ObjectRegistryを継承しているのでresetメソッドを使うことでも対応できそうな気がする。
(試してはいない)

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

だら@Crieit開発者

Crieitの開発者です。 Webエンジニアです(在宅)。大体10年ちょい。 記事でわかりにくいところがあればDMで質問していただくか、案件発注してください。 業務依頼、同業種の方からのコンタクトなどお気軽にご連絡ください。 業務経験有:PHP, MySQL, Laravel, Vue.js, React, Node, RoR 趣味:Elixir, Phoenix, Nuxt, Express, GCP, AWS等色々 PHPフレームワークちいたんの作者

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

関連記事

コメント