2019-05-10に投稿

完全初心者でも超かっこいい2Dエフェクトできた【作り方】

皆の興味を引くために、まずは「面白そう!」と思える画面を作りたい。

で、PlayTheFoxは2Dでドット絵調。

そこで僕の頭をよぎったのは、メイプルストーリーだった。

 

とりあえずパクる!

まずは絵を描く!

メイプルストーリーのエフェクトを徹底的に見てみた

そして使えそうなもの、自分で作れそうなものを見つけた。

YouTubeで。

あとは、コマ送りにして必要なエフェクトの絵を描いた

 

見たところ、一つの攻撃エフェクトがたった2枚で出来ているものがあった。

しかも、結構かっこいいメインの攻撃スキル。

今回はそれをパクってみた

 

完成したものがこちら。

20190226194349.png
20190226194333.png

次はコマ送り!

完成した絵をパラパラ漫画の要領でコマ送りする。

調べると、YouTubeは基本的に30fpsで、1コマ当たり0.03秒(1/30秒)。

そして、このエフェクトは1枚目を3コマ、2枚目も3コマ(0.1秒)で出来ていた。

 後はUnityのアニメーションを使って、0.1秒経過した時に見た目を変えるように設定した。

 

ちょっとアレンジ!

エフェクトの最後にα値を徐々に下げてフェードアウトさせる演出を入れた。

本家のエフェクトではこの演出はないんだけど、なんか良さそうだから入れてみた。

 

多分、完璧にマネできれば蛇足なんだろうけど、

そんなことは出来ないからこれでお茶を濁す感じだ...。

 

で、完成したエフェクトがこちら。

https://twitter.com/i/status/1102938465488887809
 

ちょっとかっこよくない?

 

参考にしたのは、18分10秒の左上あたりの死神のかまみたいなエフェクト。

youtube 

実は、ヒットエフェクトもメイプルストーリーから丸パクリしてる。

かっこよ。

メイプルストーリーってすごいんだね。

 

こめんと

今はメイプルストーリーを真似しているけど、段々自分で描けるようになる。

地味にサイズ感も大事で、メイプルストーリーの場合は異常にエフェクトが多きい。

キャラクターの3倍はある。

ヒットエフェクトがキャラクターの大きさくらい。

 

そんなことをスマホでやると不味そうだけども...。

ちなみにヒットエフェクトは5コマで出来てました。

Originally published at questgames.hatenablog.com

QuestGames

全ては5年前に始まった。 QuestGamesはゲームを作る3人組です。 僕らの物語は現在執筆中です。ブログをご覧ください。

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント