2020-05-28に投稿

FlutterでTensorFlow Liteのリアルタイム検出を試す

ちょっとやりたいことがあって調べているうちに、FlutterでTensorflow Liteを利用できるパッケージがあることに気づいた。適当に作って試してみようとも思ったが、見てみるとリアルタイム検出を利用しているサンプルがあるようだったのでとりあえずそれを試してみた。

Flutterのパッケージはこれ
tflite | Flutter Package

上記にも書かれているがサンプルのリポジトリはこれ
shaqian/flutter_realtime_detection: Real-time detection demo for Flutter tflite plugin

このサンプルではMobileNet、Tiny YOLOv2、PoseNetが使える。物体の検出とか、人間の姿勢推定など。

PoseNetはこんな感じ。カメラが起動してリアルタイムで推定してくれる。デバッグモードなのでかくかくしてずれまくっているが、リリースビルドならもうちょいいい感じなのかもしれない。

物体検出はこんな感じ。

僕は姿勢推定をリアルタイムじゃなくて動画ファイルでやりたかったので、もうちょっときれいで正確にできるのかなぁと思うけどどうなんだろう。

ちなみに今回のサンプルはあくまでも上記だが、パッケージ自体は下記も対応している。

  • Image Classification
  • Object Detection
  • SSD MobileNet
  • YOLO
  • Pix2Pix
  • Deeplab
  • PoseNet

何にしろむちゃくちゃ簡単にできそうなので何か面白いアイデアがある人は試してみると良さそう。

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

だら@Crieit開発者

Crieitの開発者です。 Webエンジニアです(在宅)。大体10年ちょい。 記事でわかりにくいところがあればDMで質問していただくか、案件発注してください。 業務依頼、同業種の方からのコンタクトなどお気軽にご連絡ください。 業務経験有:PHP, MySQL, Laravel, Vue.js, React, Node, RoR 趣味:Elixir, Phoenix, Nuxt, Express, GCP, AWS等色々

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!
ボードとは?

関連記事

コメント