2020-01-07に投稿

GCEをDBサーバーにしてGAEでサービスを無料運用する

GCPでリリースしたサービスが1年経ち無料クレジットの期限をむかえそうになりました。Cloud SQLを使ってデプロイしたためその後は有料になってしまうのですが、誰も使っていないサービスのためなんとか無料で運用できる方法は無いかと考えました。ちなみに下記のような構成です。

  • Node.js
  • MySQL5.7

しかしサービスの性質上ちょっとデータベースのデータも多めで、HerokuのMySQLだと無料プランでは無理なのかな…という気がしました。そうするとMySQLを使えて無料で運用できるサービスが他にはありません。

そこでふと、アプリケーション・サーバーはGoogle App Engine、データベースサーバーをGoogle Compute Engineで運用してみたらどうだろう、と思い立ちやってみました。

GAEからGCEにローカル接続する

結局のところ、今回の話ではこれが一番重要です。そもそもApp EngineからCompute Engineにローカル接続できるのか、と。

これは実はこの記事を書いている2020/1時点では日本語マニュアルではまだβ版という表記が残っている、リリースされたばかりの「サーバーレスVPCアクセス」という機能を使うことによって可能です。

Connecting to a VPC network  |  App Engine standard environment for Node.js docs |  Google Cloud

Compute EngineはVPCネットワーク内に位置しているのですが、App Engineはこれとは別のネットワークに存在しています。そのため、このサーバーレスVPCアクセスという機能を使うことで、下記にも書かれていますがApp Engineのスタンダード環境やCloud FunctionsからCompute EngineやCloud SQLに内部IPでアクセスできるようになります。

Serverless VPC Access の構成  |  VPC |  Google Cloud

日本語だとデプロイ時にbetaをつけろと書かれていますが恐らく今は不要だと思います。

サーバーレスVPCアクセスの設定

サーバーレスVPCアクセスのページを開くとコネクタを作成というリンクがあるのでクリックします。

作成画面に必要な項目を入力して作成します。

注意が必要な点としてまだリリースされたばかりのためリージョンが少ないです。最初にApp Engineを登録してしまうと、同じリージョンがない…! みたいなことになるので気をつけましょう。us-central1であればGAEのus-centralと合います。

IP範囲は補足に書かれている感じで大丈夫です。要するに、既存のVPCネットワークのIPとかぶっていないIP範囲であれば大丈夫です。

App Engineの設定

App Engineのリージョンは先程作成したコネクタのリージョンに合わせて作成しましょう。多分作ってしまった後は変更できないのではないかと思います……。ただ、ちょっとApp Engineを作り直せない関係で色々試すことができたわけではないので、リージョンが違ったらダメかどうかは詳しく検証できていません。

あとはapp.yamlに、このコネクタに接続するための設定を追記します。

vpc_access_connector:
  name: "projects/PROJECT_ID/locations/REGION/connectors/CONNECTOR_NAME"

REGIONとCONNECTOR_NAMEはコネクタのものです。これでデプロイすれば接続され、Compute Engineの内部IPと接続することができるようになります。

Compute Engineの設定

デフォルトだとCompute Engineの内部IPはエフェメラルになっているため、時々勝手に変わってしまいます。

静的内部IPアドレスを予約して固定にしておきましょう。外部IPは不要です。固定外部IPを使っていた場合は、ただそれを外すだけだと使われない外部IPになってしまい、費用が発生してしまいますのでIPを解放しておきましょう。

あとはMySQLをインストールして設定しましょう。どこからもアクセスできないのでMySQLユーザーは ユーザー名@'%' とかでいいのではないかと思います(違ったら教えていただけると助かります)。

問題なければこれで接続できます(のはず……)

諸々設定

とはいえGAEは無料枠があるというだけでそれ以降は有料となってしまいます。こにさんのブログを参考にしてなるべくオーバーしないようにすると良いでしょう。

Google App Engineを無料で運用する方法(2018年版) - koni blog

スタンダード環境にてAutoScalingのF1というプランです。スケールしないプランもありますがそちらは無料枠が少なく毎月有料になってしまいます。

どちらにしろすごくアクセスのあるサイトだと有料になってしまうと思いますので今回のようにもう誰も使っていないサービスを残しておくとか、作ったばかりのサービスで試す場合とかにこの構成だと良いのではないかと思います。

あとCloud SQLのように便利な機能はないので適宜バックアップを取っておきましょう。

Google Cloud Storage無料DBバックアップ

また、DBサーバーはメモリが不足してしょっちゅう止まる可能性もありますので、swapの設定もしておいた方が良いでしょう。

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

だら@Crieit開発者

Crieitの開発者です。 主にLAMPで開発しているWebエンジニアです(在宅)。大体10年程。 記事でわかりにくいところがあればDMで質問していただくか、案件発注してください。 業務依頼、同業種の方からのコンタクトなどお気軽にご連絡ください。 業務経験有:PHP, MySQL, Laravel5, CakePHP3, JavaScript, RoR 趣味:Elixir, Phoenix, Node, Nuxt, Express, Vue等色々

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント