2019-01-28に投稿

GatsbyJSに画像付きカードメニューを作成する

GatsbyJSに画像付きカードメニューを作成する

時代は、画像付き投稿一覧だよね?(個人の感想です。)
ということで実装してみた。

やったこと

  • postlistコンポーネントの変更
  • coverImageコンポーネントの実装
  • markdownにカバーイメージを追加

postlistを以下の様に変更した。

import React from "react";
import PropTypes from 'prop-types';
import CoverImage from '../../components/CoverImage'
import './postlist.css'

class Postlist extends React.Component {
  getPostList() {
    const postList = [];
    this.props.postEdges.forEach(postEdge => {
      postList.push({
        title: postEdge.node.frontmatter.title,
        date: postEdge.node.frontmatter.date,
        cover: postEdge.node.frontmatter.coverImage,
        excerpt: postEdge.node.excerpt,
      });
    });
    return postList;
  }
  render() {
    const postList = this.getPostList();
    return (
      <div className="grid">
      {postList.map( post => (
        <div key={post.id} className="griditem">
        <div className="coverImage">
        <CoverImage filename={post.cover}></CoverImage>
        </div>
        <span>
            {post.title}<br/>
             {post.date}
            </span>
        </div>
      ))}
      </div>
    );
  }
}
export default Postlist;

そして、カードデザインを実装する

.grid {
  display: grid;
  grid-template-columns: repeat(auto-fit, minmax(336px, 1fr));
  grid-gap: 16px;
  align-items: stretch;
  }
.griditem {
  max-width: 336px;
  border: 1px solid #ccc;
  box-shadow: 2px 2px 6px 0px  rgba(0,0,0,0.3);
}
.griditem > img {
  max-width: 100%;
}
.text {
  padding: 0 20px 20px;
}
.text > button {
  background: gray;
  border: 0;
  color: white;
  padding: 10px;
  width: 100%;
  }

カードデザインの幅を336pxに設定しているのには実は理由があって、将来GoogleAdSenseを違和感なくフィットさせることに挑戦したいので、この幅で設定した。

coverImageコンポーネントの実装

import React from 'react'
import { StaticQuery, graphql } from 'gatsby'
import Img from 'gatsby-image'
import "./coverimage.css"

const Image = (props) => (
  <StaticQuery
    query={graphql`
      query {
        images: allFile {
          edges {
            node {
              relativePath
              name
              childImageSharp {
                fluid(maxWidth: 336, maxHeight: 280){
                  ...GatsbyImageSharpFluid
                }
              }
            }
          }
        }
      }
    `}

    render={(data) => {
      const image = data.images.edges.find(n => {
        return n.node.relativePath.includes(props.filename);
      });
      if (!image) { return null; }

      const imagefluid = image.node.childImageSharp.fluid;
      return (
        <Img
          alt={props.alt}
          sizes={imagefluid}
        />
      );
    }}
  />
)
export default Image

こちらもAdSenseを見越して336×280の画像を生成出来るように実装しておく。

page/index.jsのGraphQLも変更しておく

export const query = graphql`
  query {
    allMarkdownRemark(filter: {frontmatter: {pagetype: {ne: "category"}}}) {
      totalCount
      edges {
        node {
          id
          frontmatter {
            title
            date(formatString: "DD MMMM, YYYY")
            category
            coverImage
          }
          excerpt
        }
      }
    }
  }
`

できた!
021-2.JPG

Originally published at www.corylog.com

view_list [連載] ブロガー向けGatsby講座
第18回 GatsbyJSでカテゴリー機能を実装する
第19回 GatsbyJSにドロワーメニューを追加する
第20回 GatsbyJSに画像付きカードメニューを作成する
第21回 GatsbyJSにソーシャルボタンを追加する
第22回 GatsbyJSにGoogle Analyticsを導入する

aocory

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント