2020-06-15に更新

GodotでCIする

GodotをWerckerでCIした。むちゃくちゃシンプルなのでWerckerじゃなくてCircleCIでもGitHub Actionsでもできるのではないかと思う。

Gutでテストを書いたら、下記のwercker.ymlを追加するだけ。(プロジェクトには不要なのでgdignoreしておくと良さそう)

box: ioribranford/godot-docker:3.2.1

build:
  steps:
    - script:
        name: Run test
        code: |-
          godot -d -s --path $PWD addons/gut/gut_cmdln.gd

イメージは一番ちゃんとしてて使われてそうなやつを適当に選択した。

こんな感じで問題なく完了していそう。

ちなみにCIでもローカルでも下記のようなエラーが最後に出るが、CIも成功してるしとりあえず気にしなくても良さそう。

ERROR: ~List: Condition "_first != __null" is true.
   At: ./core/self_list.h:112.
ERROR: ~List: Condition "_first != __null" is true.
   At: ./core/self_list.h:112.
WARNING: cleanup: ObjectDB Instances still exist!
   At: core/object.cpp:2071.
ERROR: clear: Resources Still in use at Exit!
   At: core/resource.cpp:476.
ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

だら@Crieit開発者

Crieitの開発者です。 Webエンジニアです(在宅)。大体10年ちょい。 記事でわかりにくいところがあればDMで質問していただくか、案件発注してください。 業務依頼、同業種の方からのコンタクトなどお気軽にご連絡ください。 業務経験有:PHP, MySQL, Laravel, Vue.js, React, Node, RoR 趣味:Elixir, Phoenix, Nuxt, Express, GCP, AWS等色々

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!
ボードとは?

関連記事

コメント