2019-11-14に投稿

Google Compute Engine利用時に使うgcloudコマンド備忘録

Google Compute Engineを使っているとサーバーと接続するために色々なgcloudコマンドを利用する必要がある。普段はシェルの実行履歴から呼び出して使っているけど、何かのひょうしにPCが壊れて履歴がなくなってしまったら困るし、結構一から使い方を探すと見つからなかったりするのでとりあえずまとめておく。

SSH接続

gcloud compute --project "my-project-id" ssh --zone "us-east1-b" "instance-1"

ポートフォワーディング

ローカルPCでサーバーのデータベースと接続するときとか

gcloud compute --project "my-project-id" ssh --zone "us-east1-b" "instance-1" -- -L 13306:localhost:3306

SCPで送信

SCPでファイルを送ったり受信したりする時。ファイルとフォルダによってちょっと違う。

ファイルを送信

gcloud compute scp --project "my-project-id" --zone "us-central1-f" instance-1:/home/dala00/profile.sql.gz .

フォルダを送信

gcloud compute scp --project "my-project-id" --zone "us-west1-b" --recurse instance-1:/home/dala00/questions localdir

コマンドを実行する

gcloud compute --project "my-project-id" ssh --zone "us-west1-b" [email protected]"instance-1" --command 'touch bbb.txt;rm aaa.txt'

だら@Crieit開発者

Crieitの開発者です。 主にLAMPで開発しているWebエンジニアです(在宅)。大体10年程。 記事でわかりにくいところがあればDMで質問していただくか、案件発注してください。 業務依頼、同業種の方からのコンタクトなどお気軽にご連絡ください。 業務経験有:PHP, MySQL, Laravel5, CakePHP3, JavaScript, RoR 趣味:Elixir, Phoenix, Node, Nuxt, Express, Vue等色々

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント