2024-05-28に投稿

コンシューマー向けIoT産業の調査、シェア、サイズレポート、成長、需要、トップメーカー - 2023-2033年予測

IoT市場分析
クライアントIoTとは、Internet of Materialsの一種で、それを使用するデバイス上のアプリケーションとは異なるという違いがある。デバイスのインターネットとは、通信を使いやすくするための接続、ネットワーク、システムのことである。スマートホームはIoTクライアントの良い例だ。すべてのスマートデバイスを1つのネットワークに接続し、通信とユーザー体験を容易にする。

image

無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-115267

コンシューマー向けIoT市場セグメント
IoT市場は、ベンダー別(ネットワークインフラ、ソリューション、サービス、フロントエンド機器)、エンドユーザー別(アパレル、ヘルスケア、エレクトロニクス、自動車、ホームオートメーション)、地域別に区分されている。これらのセグメントは様々な要因に基づいてセグメント化されており、各地域における各セグメントの年間成長率、予測期間中の市場価値や数量など、その他の市場情報も含まれている。

ソリューションセグメントは、予測期間中に最も高いCAGRを記録すると予想されている。消費者IoT市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。ソリューション・セグメントには、プラットフォームとソフトウェアが含まれる。マーケティング担当者にとっての主なメリットとデメリットは、接続の質である。スマートデバイスに接続されたネットワークがサイバーセキュリティ攻撃やデータ漏えいに脆弱な場合、接続性は重大なリスクをもたらす。

予測期間中、北米地域がIoTコンシューマー市場を支配すると予想される。これは、ウェアラブル、家電、ホームオートメーションなどのスマートデバイスの需要が増加しているためである。また、慢性疾患の増加や糖尿病患者の増加による健康意識の高まりもIoT市場の成長に寄与している。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

宮津比奈

SDKIマーケットリサーチという、企業の市場調査を行う会社で働いているhina miyazuと申します。また、関連する分野での今後の展開も予測しています。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント