2020-02-25に更新

Lenovo社のM75q-1(Win10Home)からへのSurface Neo/Duoの開発環境構築メモ(随時更新中)

はじめに

この記事ではWindows10 Home搭載PC(ここでは32k(税込み)で購入できる圧倒的コスパで有名となっているLenovo社のThinkCentre M75q-1を使用)から、SurfaceDuo/Neoの開発環境構築する為の手順を記載してます。
やらかしに対するフォローやら、機種固有のTipsもあるため、適宜読み飛ばして下さい。

必要になったもの

  • Windows10 Pro 以上
    Homeの場合は別途Pro以上jにアップデートが必要
    > Windows10XのエミュレーターにはHyper-V が必須なので、Win10Homeではその機能が選択不可能なため、不可
    ここで例としている、M75q-1はHomeのみが選択可能なので、別途Updateが必要
    Win10 Homeでもいけるやろ?って思ってた僕は別途出費が発生し、別途買い増しが必要となり、本体並みに高い価格で泣いてます。
    入ってない場合はWindows10 Proのライセンスキー or HomeからのUpdateキーを別途購入ください。

クリーンインストール自のTips

  • UPDATE TOOL経由であらかじめ1909 が入ったUSB記憶メディアを用意かDVDを用意するのが一番手間暇少ない
    > 今は昔のWindows10をインストールするとOPで付属させたIntelの無線用ドライバが存在しないため、無線通信ができないM75q-1から有線LAN必須 or オフライン環境でのインストール作業となるため、とってもコストが増える
  • M75q-1はLenovoが配布しているAMDのグラフィックドライバーを適用しないと、高確率でフリーズするため、DLするのも一苦労する罠が待ち受けているため予めDLすると吉
  • 並行してX220でインストールしてたらそんなこと一切なかったため、機種によってはの罠だと思われます。
  • Lenovoのリカバリーツール使っても当然HomeEditionなのであんまりおいしくなかった

SurfaceNeo向け

Get the Windows 10X development tools - Dual-screen | Microsoft Docs
に書かれてる
- Visual Studio 2019 Preview
- Windows 10 SDK Insider Preview
- Microsoft Emulator.
- Windows 10X Emulator Image.
をインストールする。
ハマるポイントとしては
- Windows Home EditionでチャレンジしてHyper-Vが使えなくて怒られる
→Proのパッケージ版買っときましょう
- Windows Insider Preview版が必須
→InsiderをSlowで大丈夫のはず(現在構築中で未確認のため、違ったらFastとか設定してください。)
- PCスペックが要求スペック未満
→M75q-1買いましょう
などが推測されます。(僕がハマったのは上二つ)

Visual Studio and Windows SDK

Use Visual Studio and the Windows 10 SDK Insider Preview to create apps for Windows 10X devices.

Get the Microsoft Emulator and Windows 10X Emulator Image

Install the Microsoft Emulator and the Windows 10X Emulator Image Preview from the Microsoft Store. (These links will open the Microsoft Store app if it's installed on your computer.)

SurfaceDuo向け

こっちもまだ終わってないので、適宜追記していきます。

Get the Surface Duo SDK - Dual-screen | Microsoft Docs

Surface Duo SDK Preview prerequisites

  • Install the latest version of Android Studio and Command line tools from developer.android.com, including Google's Android emulator which you install using the SDK manager in the Android Studio Tools menu.
  • Use the SDK manager to ensure all the required dev tools (Android SDK Build-Tools, Android SDK Platform-Tools, Android SDK Tools and Android Emulator) are up to date.
  • (Optional) Hardware virtualization is enabled. For speedy emulation, follow the guidelines outlined in emulator acceleration in the Android Studio docs.

To use with Microsoft Visual Studio/Xamarin

参考ドキュメント

MicrosoftDocs

Create apps for dual-screen devices - Dual-screen | Microsoft Docs
以下ドキュメント内のリンク

Get the Surface Duo SDK - Dual-screen | Microsoft Docs

Get the Windows 10X development tools - Dual-screen | Microsoft Docs

New Surface Neo – Coming Holiday 2020 – Microsoft Surface

New Surface Duo – Coming Holiday 2020 – Microsoft Surface

Microsoft 365 Developer Day: Dual-screen experiences - Windows Developer Blog

Virtual events - Microsoft 365

New Surface Neo – Coming Holiday 2020 – Microsoft Surface

Develop apps for Windows 10X dual-screen devices - Dual-screen | Microsoft Docs

Introduction to dual-screen devices - Dual-screen | Microsoft Docs

その他ニュースメディアとかで気になった記事など

Microsoft、二画面デバイス「Surface Duo/Neo」向けSDKプレビュー開始 | マイナビニュース
Microsoft、2画面端末OS「Windows 10X」のSDKとエミュレーター公開 - ITmedia NEWS

ヒンジセンサーについて、UnoPlatformでの使い方
Hinge angle sensor for Uno Platform dual-screen apps – Martin Zikmund

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

warmkitty

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント