2022-01-14に更新

[Linux] ssh鍵の自動生成

Linuxの1ユーザの複数サーバ分のssh鍵の自動生成

コードブロックに行番号を付加できないかは模索中

ファイル名;create_key.sh

#!/bin/bash
# values
KEYSIZE=2048

# script dir
DIR_BASE=$(cd $(dirname ${0}); pwd)

if [ $# = 0 ] ; then
    echo -e "Error: No arguments set"
    echo -e "Usage: $0 [user name] [server01:server02:...]"
    exit 10
fi

USER=$1
SERVERS=`echo $2 | sed -e 's/:/ /g'`
USERDIR=${DIR_BASE}/${USER}

test ! -d ${USERDIR} && mkdir ${USERDIR}
for server in ${SERVERS}
do
    test ! -d ${USERDIR}/${server^} && mkdir ${USERDIR}/${server^}
    passphrase=`cat /dev/urandom | tr -dc 'a-km-zA-HJ-NP-Z0-9#?_!' | fold -w 8 | head -n 300 | grep '[#?_!]' | grep [A-Z] | grep [a-z] | grep [0-9] | grep -vE '(.)\1{2}' | uniq | shuf -n 1`
    keyfile=${USERDIR}/${server^}/${USER}
    ssh-keygen -f ${keyfile} -t rsa -b ${KEYSIZE} -N ${passphrase}
    if [ $? = 0 ] ; then
        echo -e "User: ${USER} ,Server: ${server^}, Passphrase: [${passphrase}]"
        echo -e "## ${server^}\nUser:\n${USER}\n\nPassphrase:\n${passphrase}" > ${server^}_${USERDIR}/SSHinfo_${USER}.txt
    else
        echo -e "Couldn't make the key. -User: ${USER} ,Server: ${server}"
    fi
done

実行例

$ ./create_key.sh user01 web:mail

引数1 ユーザ名
引数2 サーバ名、複数の場合はサーバ名を: (コロン)で区切る

説明
1. スクリプトファイルと同じディレクトリ階層に作成したい ユーザ名のディレクトリを作成する (実行例:user01)
2. サーバごと以下2-1から2-4を繰り返す
2-1.1番で作1番で作成したユーザディレクトリ配下にサーバ名のディレクトリを作成する (実行例:Web)
2-2.パスフレーズをランダムの文字列で生成
2-3.2-2番で生成したパスフレーズをもとに、2-1番で作成したサーバ名のディレクトリに鍵のペアを作成
2-4.1番で作成したユーザ名のディレクトリにサーバ名、ユーザ名、パスフレーズを記載したファイルを作成

2-4で作成したファイル名はSSHinfo_サーバ名_ユーザ名.txt
例 Web_SSHinfo_user01.txt

## Web
User:
user01

Passphrase:
U4#DvXnH

エラー処理を最小限にしているため、予期せぬ事態に対処できてないかも

課題 (後日記載)
複数ユーザに対応するため、引数にリストファイルを指定することで、複数ユーザの指定サーバごとに鍵を作成する

memo
psslibでのパスワードのハッシュ化

    passhash=`python3 -c 'import passlib.hash; print(passlib.hash.sha512_crypt.using(rounds=5000).hash("$passphrase"))'`
    echo -e "password hash is [${passhash}] "
    echo -e "\npassword hash\n${passhash}"  >> ${server^}_${USERDIR}/SSHinfo_${USER}.txt
ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

dsta50

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント