2019-04-02に投稿

NSGが適用される順番

同一サブネット内の 2 つの VM での通信

「VM1」 ---> (VM1 の NSG) ---> (サブネットの NSG) ---> (VM2 の NSG) ---> 「VM2」

それぞれの VM (VM1, VM2) とサブネットにNSG が適用されている場合を考えます。
VM1 から VM2 へと通信を送信するとき、
まずは VM1 の NSG の送信規則が適用されて、サブネットの NSG の送信規則が適用されます。
その後に、サブネットの NSG の受信規則が適用されて、VM2 のNSG の受信規則が適用されます。

異なるサブネット間の 2 つの VM の通信

「VM1」 ---> (VM1 の NSG) ---> (サブネット1の NSG) ---> (サブネット2 の NSG) ---> (VM2 の NSG) ---> 「VM2」

それぞれの VM (VM1, VM2) と所属するそれぞれのサブネットに NSG が適用されている場合を考えます。
VM1 から VM2 へと通信を送信するとき、
まずは VM1 の NSG の送信規則が適用されて、VM1 が配置されたサブネットの NSG の送信規則が適用されます。
その後、VM2 が配置されたサブネットの NSG の受信規則が適用されて、VM2 の NSG の受信規則が適用されます。


Azure Sheep

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント