2019-02-15に投稿

Node.jsのasync.queueでasync/awaitを使う方法

Node.jsのasyncモジュールにqueueというメソッドがあり、簡単にqueueを使った直列処理を行うことができる。

caolan/async: Async utilities for node and the browser

実際に処理するものの定義は下記のようにcallbackを実行して完了を知らせる。

var q = async.queue(function(task, callback) {
  console.log('hello ' + task.name);
  callback();
}, 2);

このクロージャはasync/awaitを使うことも可能。ただ、その場合には引数のcallbackがなくなるので呼ぶとエラーになる。

結局、Promiseになるためいちいちcallbackを呼ぶ必要がなくなるということっぽい。なので先程の例だと下記のようになる。

var q = async.queue(async function(task) {
  console.log('hello ' + task.name);
  const err = getError(task)
  if (err) {
    return err
  }
  // 成功の場合はreturnも不要
}, 2);

だら@Crieit開発者

Crieitの開発者です。 主にLAMPで開発しているWebエンジニアです(在宅)。大体10年程。 記事でわかりにくいところがあればDMで質問していただくか、案件発注してください。 業務依頼、同業種の方からのコンタクトなどお気軽にご連絡ください。 業務経験有:PHP, MySQL, Laravel5, CakePHP3, JavaScript, RoR 趣味:Elixir, Phoenix, Node, Nuxt, Express, Vue等色々

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント