2019-07-31に投稿

Node.jsのutilのdebuglogをさわってみた

Nodeのログのライブラリはいっぱいあると思いますが、標準モジュールのutil.debuglogを使っても結構便利そうなのを↑で知ったので投稿させていただきましたm(_ _)m

※参考サイトに書いてあることをただ試しただけですので、私の投稿は見ずに参考サイトだけ見ると早いです

参考サイトのままですが、このように書きますと  

const util = require('util');
const debuglog = util.debuglog('app');

debuglog('hello from my debugger [%d]', 123);
$ node index.js # ※何も出力されない
$ NODE_DEBUG=app node index.js # ログが出力される!
APP 3696: hello from my debugger [123]

このように環境変数によってログを出すことができました


ワイルドカードもサポートしている

$ NODE_DEBUG=app-* node index.js
APP-GENERAL 3722: Kicking off the app
APP-TIMER 3722: timer fired after 500

* でワイルドカード指定でログを出すことができました


確認バージョン

  • macOS Mojave
  • node 12.6.0

okumurakengo

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント