2019-06-29に投稿

Oculus Questのコントローラでaframe-teleport-controlsを使う

A-Frameには aframe-teleport-controls という、VR空間内を近くにテレポートしつつ移動するためのコンポーネントがある。

VR空間内は勝手に自分のカメラの位置が移動してしまうと乗り物酔いと同じ原理で酔ってしまう。そのためそれを避けるためテレポートが役立つ。

ただ、Oculus Questで試すとこのリポジトリにかかれているサンプルのコードだとデフォルトでは動かない。というのも、上記の画像のとおりにコントローラが違うためデフォルトで設定されているボタンが異なる。

下記のようにボタンを例えばトリガーボタンに変更したりすれば動作するようになる。これで簡単にワープすることができる。

        teleport-controls="cameraRig: #cameraRig; teleportOrigin: #head; button: trigger;"

だら@Crieit開発者

Crieitの開発者です。 主にLAMPで開発しているWebエンジニアです(在宅)。大体10年程。 記事でわかりにくいところがあればDMで質問していただくか、案件発注してください。 業務依頼、同業種の方からのコンタクトなどお気軽にご連絡ください。 業務経験有:PHP, MySQL, Laravel5, CakePHP3, JavaScript, RoR 趣味:Elixir, Phoenix, Node, Nuxt, Express, Vue等色々

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント