2019-12-18に更新

PHPでメールフォームを自前でつくる。ゆるふわPHP第3回

295E3AA1-F0D4-4605-B5FD-4C3DD2D56B9D.jpeg

第3章 四則演算ってなんなの?

四則演算とは足し算、引き算、かけ算、割り算のことです。

四則演算にはそれぞれ次のような記号を使います。
「+」 たす
「-」 ひく
「*」 かける
「/」 わる

$a = 5 + 8;

とすると変数$aには5たす8の答えである13が代入され

$b = 20/4;

とすると変数$bには20わる4の答えである5が代入されます。

$a = 15;
$b = 3;
$c = $a*$b;

上の式のようにあらかじめ変数$aに15を、変数$bに3を代入しておいて計算することもできます。

ちなみに上記の場合は変数$cには15かける3の答えである45が代入されます。

<html lang="ja">  
<head>  
<meta charset="UTF-8">
<title>はじめてのPHP</title>
</head>
<body>
<?php
$value1 = 8;
$value2 = 3;

$answer1 = $value1 + $value2;
$answer2 = $value1 - $value2;
$answer3 = $value1 * $value2;
$answer4 = $value1 / $value2;

echo $value1 . "と" . $value2 . "を";
echo "たすと" . $answer1 . "、ひくと" . $answer2 . "、";
echo "かけると" . $answer3 . "、わると" . $answer4 . "になります。";
?>
</body>
</html>

前回同様、上記ファイルを「code03.php」としてブラウザでアクセスしてみてください。
「8と3をたすと11、ひくと5、かけると24、わると2.66666666667になります。」
と表示されれば成功です。

8行目と9行目の$value1と$value2に代入する値をいろいろ変更すると、表示される結果が変わってくるのでいろいろと試してみてください。

第4章 フォームで値を渡します」に続く。

Originally published at cage.tokyo
ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

ケイジ

ウェブサイト制作・構築歴15年。ボルダリング歴4年。 40才を過ぎてボルダリングをはじめ、すっかりハマり体重も10kg落ちてすっかり健康体に。 ボル活サイト「ボルジム」 https://t.co/hj1svUM4LL 運営者。プロテインは胃が痛くなるので苦手。チクワが代替品。

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント