2021-09-13に投稿

QnQ開発日誌 チームで使う作業メモの共有的な使い方を考える

開発っていうか、まぁこのままじゃ一生誰も使わないよね、ということで、どうしたもんかな、と話していた。

結論的には、チームで作業メモを残して共有するような用途に使えないかな、という話になっている。それに向けて、具体的な作業を明日から始めて、来週の連休には実証できるような状態にしたい。

なんちゃってもくもく会

時間をかけて作ったWebサービスは、相変わらず僕の独り言か、あるいは友人との交換日記くらいにしか使われていない。

なんだけれど、アクセス解析を見ると、どうも10人くらいはそれなりに見にきてくれている人がいると思われる。個人ブログを購読しているような感じなんだろうか。不思議だ。まぁユーザー10人って、個人ブログにしてもあまり流行っていない規模だけどね……マンネリ化して久しい僕のブログのほうがよっぽど人が多い。

まぁでも、見てくれる人がいることは有り難い。が、書き込みまではいかないし、このまま続けても書き込まれる未来が見えないので、いい加減ちょっと方向性考えないとね、という話を友人としていた。

話しているうちに、ユースケースとして、チームで開発経過を残し、共有する用途はどうだろうか、という話になった。というのも、現在、僕と友人は「もくもく会」と称して、毎日に近い割合で、日々の作業をサービス上で共有しているのだ。ちょうど50回を迎えた。

もくもく50 2021-09-12 | QnQ

tamaは僕で、yuが友人なのだが、それぞれの枝に分かれて、自分の作業を書き残しているような感じ。で、時々相手の枝にレスしたりしている。

これを、チームの開発に使えないかな、というわけだ。

作業報告、雑談、軽いコミュニケーション

このコンセプトは悪くないんじゃないか、と思っている。

リモートワークが盛んになって、よく言われる問題として、「雑談がなくなった」「寂しい」「他の人が何をしているのかわかりづらい」というのがある。

原理的には、SlackなりTeamsなりで個々人が自分の作業を報告しあえればいいんだけれど、SlackにせよTeamsにせよ、そういう用途を想定して作られたわけではなく、ちょっとやりづらい。

まぁやるとすれば、自分の作業用のスレッドを作って投稿していく、というスタイルが考えられるだろう。というか、昔職場でそんなようなことをしていたこともあった。

あれは悪くなかったんだが、他の人のスレッドって、なかなか見に行こうと思わないと見に行かないんだよね。その点、このサービスなら、特に意識せずとも相手の状況を把握できる。なにかエラーなどでハマっているようであれば、力になれることがあるかもしれないし、逆に助けてもらえるかもしれない。また、仲間のやっている仕事は、けっこう参考になるものだ。

ということで、リモートワークが盛んになり始めた今の時代に即したサービスだと考えられて、中々面白いんじゃないかと思っている。

まー、使ってもらう、というのが一番むずかしいんだけどさ。ただまぁ、目的が明確なら、誰かを誘ってやってみる、ということもできないことはないはずなので、そこはまぁ、頑張るしかない。

技術よりも広報が難しい!!

Originally published at hack-le.com
ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

view_list [連載] QnQ開発日誌
第1回 開発中のWebサービスは友人との交換日記と化した
第2回 QnQ開発日誌 開発したWebサービスは俺の日記帳になった
第3回 QnQ開発日誌 単体テストなしで大丈夫か?
第4回 QnQ開発日誌 チームで使う作業メモの共有的な使い方を考える

tama

IoT関係で技術者としてお仕事しています。 趣味のブログは9年目に突入しました。 16性格診断はINFP-T。どんな心理テストでも高い内向性を叩き出せます。 友人とWebサービス開発してます。https://qnqtree.com

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント