2020-12-14に投稿

【メモ】RTにネクストホップを設定する手順

ネクストホップの設定手順まとめ(S)

下記設定を使い疎通確認を行う場合


PC0→PC1 疎通確認 その際はRT2経由
PC1→PC0 疎通確認 その際はRT4経由

PC0】192.168.1.1/24 (GW:192.168.1.254)

PC1】192.168.2.1/24 (GW:192.168.2.254)

RT1
g0/0:192.168.1.254/24
g0/1:10.0.1.1/24
g0/2:10.0.4.2/24

RT2
f0/0:10.0.1.2/24
f0/1:10.0.2.1/24

RT3
g0/0:192.168.2.254/24
g0/1:10.0.2.2/24
g0/2:10.0.3.1/24

RT4
f0/0:10.0.4.1/24
f0/1:10.0.3.2/24


image

1.PC0とPC1にIPアドレスとサブネットマスク、デフォルトゲートウェイの設定を行う

2.RT1に【g0/0 g0/1 g0/2】の順で、IPアドレスを設定しインターフェースを起動させる(リンクランプ緑確認)

3.「sh run」コマンドで設定したIPアドレスを確認をする

4.RT2に【f0/0 F0/1】の順で、IPアドレスを設定しインターフェースを起動させる(リンクランプ緑確認)

5.「sh run」コマンドで設定したIPアドレスを確認をする

6.RT3に【g0/0 g0/1 g0/2】の順で、IPアドレスを設定しインターフェースを起動させる(リンクランプ緑確認)

7.「sh run」コマンドで設定したIPアドレスを確認をする

8.RT4に【f0/0 f0/1】の順で、IPアドレスを設定しインターフェースを起動させる(リンクランプ緑確認)

9.「sh run」コマンドで設定したIPアドレスを確認をする

10.PC0からPC1へ疎通確認を行うためのネクストホップを設定する

 今回は、PC0からRT2を経由してPC1への疎通確認を行うため、以下内容を設定をする
 RT1→RT2のf0/0 RT2→RT3のg0/1 

11.RT1のコンフィギュレーションモードにて、【ip route 宛先(PC1の)ネットワークアドレス RT2のf0/0のアドレス】で設定する

 【ip route 192.168.2.0 255.255.255.0 10.0.1.2】

12.RT2のコンフィギュレーションモードにて、【ip route 宛先(PC1の)ネットワークアドレス RT2のf0/0のアドレス】で設定する

 【ip route 192.168.2.0 255.255.255.0 10.0.2.2】

13.PC1からPC0へ疎通確認を行うためのネクストホップを設定する

 今回は、PC1からRT4を経由してPC0への疎通確認を行うため、以下内容を設定をする
 RT3→RT4のf0/1 RT4→RT1のg0/2

14.RT3のコンフィギュレーションモードにて、【ip route 宛先(PC0の)ネットワークアドレス RT2のf0/0のアドレス】で設定する

 【ip route 192.168.1.0 255.255.255.0 10.0.3.2】

15.RT4のコンフィギュレーションモードにて、【ip route 宛先(PC0の)ネットワークアドレス RT2のf0/0のアドレス】で設定する

 【ip route 192.168.1.0 255.255.255.0 10.0.4.2】

16.PC0のコマンドプロンプトを起動し、【ping】でPC1へ疎通確認を行う
  →通った!

17.PC1のコマンドプロンプトを起動し、【ping】でPC0へ疎通確認を行う
  →通った!


通りたいルートにいる、同じネットワークRTのアドレスをネクストホップに設定する!

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

ponsuke

未経験からエンジニア。 キリンが好き。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント