2018-10-24に更新

Systemdを使ったPhoenixの本番デプロイ詳細例

Elixir Advent Calendar 2017 - Qiita

19日目。

サーバーを準備し、コンテナを使わずに運用できるところまでの準備まで一通りまとめてみた。
Systemdで動作させる。

(以前残したログをまとめているだけなので正確でない可能性あり)

前提

  • Elixir1.5
  • Phoenix1.3
  • Debian

初期設定

最初だけ本番で調整したものをコミットしたりもするのでgitもちょっと設定。

sudo apt-get update
sudo apt-get install -y git dbus
sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
git config --global user.name "name"
git config --global user.email "email"

Elixir & Phoneix & Node.js

curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_8.x | sudo -E bash -
wget https://packages.erlang-solutions.com/erlang-solutions_1.0_all.deb && sudo dpkg -i erlang-solutions_1.0_all.deb
sudo apt-get update
sudo apt-get install -y nodejs inotify-tools esl-erlang elixir
mix local.hex --force
mix local.rebar --force
mix archive.install https://github.com/phoenixframework/archives/raw/master/phx_new.ez --force
sudo apt-get install --reinstall build-essential

DB

MySQLとかPostgreSQLとか。
普通は別サーバーだろうし省略。

ビルド

ssh-keygenかtokenかでcloneできるように準備。
適当なので環境変数とかユーザーは適宜いい感じにしてもらった方が良いかもしれない。

git clone ********.git
cd appdir
mix deps.get --only prod
sudo MIX_ENV=prod mix compile
cd assets
npm install
sudo npm install -g brunch
brunch build --production
cd ..
sudo MIX_ENV=prod mix phx.digest
sudo MIX_ENV=prod mix ecto.migrate
sudo MIX_ENV=prod mix phx.server

とりあえずここまでで動くか確認する。

Let's Encrypt

省略。下記の記事に一応詳細は書いてある。

PhoenixでLet's EncryptによるSSL - アルファブレンド プログラミングチップス

Systemd

sudo vi /etc/systemd/system/myapp.service
[Unit]
Description=My app

[Service]
WorkingDirectory=/home/username/appdir

Restart=always
Environment=MIX_ENV=prod HOME=/root
ExecStart=/usr/local/bin/mix phx.server

[Install]
WantedBy=multi-user.target
sudo systemctl enable cybozulive
sudo systemctl start cybozulive

運用

pull, compile, brunch build, digest, migrate, restart


だら@Crieit開発者

Crieitの開発者です。 主にLAMPで開発しているWebエンジニアです(在宅)。大体10年程。 記事でわかりにくいところがあればDMで質問していただくか、案件発注してください。 業務依頼、同業種の方からのコンタクトなどお気軽にご連絡ください。 業務経験有:PHP, MySQL, Laravel5, CakePHP3, JavaScript, RoR 趣味:Elixir, Phoenix, Node, Nuxt, Express, Vue等色々

Crieitはαバージョンで開発中です。進捗は公式Twitterアカウントをフォローして確認してください。 興味がある方は是非記事の投稿もお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか
関連記事

コメント