2019-03-13に更新

TypeORMでMySQLの文字コードを指定する

TypeORMでMySQLで接続する際も、文字コードの指定が可能。むしろ指定しないとutf8mb4ではないので絵文字を保存しようとするとエラーになる。そのため適切に設定しておく必要がある。(TypeORM0.2現在)

設定方法はいくつかあるっぽい。

接続時にオプションで指定する

下記のように接続時のオプションで指定する方法。

  const connectionOptions = {
    type: 'mysql',
    charset: 'utf8mb4' 
  }
  const connection = await createConnection(connectionOptions).catch(error => {

ちなみに、環境設定で設定している場合上記は使えない。かといってTYPEORM_CHARSETがあるのかというと、現時点では存在しない。そのため、この場合は下記のようにして既存の設定をパースして上書きする形で指定することも可能。

  const connectionOptions = await getConnectionOptions()
  Object.assign(connectionOptions, { charset: 'utf8mb4' })
  const connection = await createConnection(connectionOptions).catch(error => {

Entity毎にも設定できるっぽい

Entityのソースを見るとcharsetというプロパティがあるのでどうもそれで設定できるっぽい(試してはいない。もしかしたらマイグレーション用だけかも?)

カラム毎にも設定できるっぽい

カラムのデコレータのテストを見るとこちらでも設定ができるっぽい(試してはいない。もしかしたらマイグレーション用だけかも?)

    @Column({ charset: "utf8" })
    title: string;

    @Column({ charset: "cp852", collation: "cp852_general_ci" })
    description: string;

だら@Crieit開発者

Crieitの開発者です。 主にLAMPで開発しているWebエンジニアです(在宅)。大体10年程。 記事でわかりにくいところがあればDMで質問していただくか、案件発注してください。 業務依頼、同業種の方からのコンタクトなどお気軽にご連絡ください。 業務経験有:PHP, MySQL, Laravel5, CakePHP3, JavaScript, RoR 趣味:Elixir, Phoenix, Node, Nuxt, Express, Vue等色々

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント