2020-10-20に更新

【Ubuntu Desktop 20.04】Fail2Banをインストールする

Ubuntu Desktop 20.04に、Fail2banをインストールする手順です。
SSHを有効にするには以下の手順でopenssh-serverをインストールします

動作確認済み環境

  • Ubuntu Desktop 20.04.1 LTS(日本語 Remix)

インストール方法

$ sudo apt -y install fail2ban

Fail2banの起動状態の確認

$ systemctl status fail2ban

Active: active (running)であればOKです、Fail2banは起動済みです。
CentOS7のFail2banとは以下挙動に違いがあります。
- 自動でFail2banが起動する
- sshdのフィルタは、以下confファイルによりデフォルトで有効
- /etc/fail2ban/jail.d/defaults-debian.conf

Fail2banのフィルタ動作状況を確認

$ sudo fail2ban-client status sshd

banしたIPアドレスをunbanする

$ sudo fail2ban-client set sshd unbanip [banしたIPアドレス]
ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

arohajiro

しがないおっさんインフラエンジニアです

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント