2019-03-27に更新

【WPF】SQLiteに接続してデータを登録してみる

読了目安:11分

前回に引き続き、SQLiteネタです。
やっぱりデータ検索をしたら登録、更新、削除までやらないとですよね。

ということでプログラムは前回のものを流用します。

【WPF】SQLite から Linq でデータを取得してDataGrid に表示してみる

画面の修正
まず、画面にボタンを追加します。

MainWindow.xaml

<DataGrid Name="dataGrid" HorizontalAlignment="Left" Margin="10,43,0,0" Width="497" Height="225" Style="{StaticResource grid-normal}">
                <DataGrid.Columns>
                    <DataGridTextColumn Binding="{Binding No}" ClipboardContentBinding="{x:Null}" Header="No" IsReadOnly="True" Width="50"/>
                    <DataGridTextColumn Binding="{Binding Name}" ClipboardContentBinding="{x:Null}" Header="名前" IsReadOnly="True" Width="100"/>
                    <DataGridTextColumn Binding="{Binding Sex}" ClipboardContentBinding="{x:Null}" Header="性別" IsReadOnly="True" Width="40"/>
                    <DataGridTextColumn Binding="{Binding Age}" ClipboardContentBinding="{x:Null}" Header="年齢" IsReadOnly="True" Width="40"/>
                    <DataGridTextColumn Binding="{Binding Kind}" ClipboardContentBinding="{x:Null}" Header="種別" IsReadOnly="True" Width="120"/>
                    <DataGridTextColumn Binding="{Binding Favorite}" ClipboardContentBinding="{x:Null}" Header="好物" IsReadOnly="True" Width="*"/>
                </DataGrid.Columns>
            </DataGrid>
            <Button x:Name="add_button" Content="追加" HorizontalAlignment="Left" Margin="10,273,0,0" VerticalAlignment="Top" Width="75" Height="30" Click="add_button_Click"/>
            <Button x:Name="upd_button" Content="更新" HorizontalAlignment="Left" Margin="90,273,0,0" VerticalAlignment="Top" Width="75" Height="30" Click="upd_button_Click"/>
            <Button x:Name="del_button" Content="削除" HorizontalAlignment="Left" Margin="172,273,0,0" VerticalAlignment="Top" Width="75" Height="30" Click="del_button_Click"/>

データグリッドの高さを調整し、画面の下部にボタンを追加し、
更に追加したボタンにクリックイベントを追加。
検索処理の修正
追加、更新、削除後にデータを再検索するために、
検索処理を検索ボタンクリックイベントの処理から分離します。

MainWindow.xaml.cs

            /// <summary>
            /// 検索ボタンクリックイベント.
            /// 
            /// </summary>
            /// <param name="sender"></param>
            /// <param name="e"></param>
            private void search_button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
            {
                logger.Info("検索ボタンクリック");
                searchData();
            }

            /// <summary>
            /// データ検索処理.
            /// </summary>
            private void searchData()
            {
                using (var conn = new SQLiteConnection("Data Source=SampleDb.sqlite"))
                {
                    conn.Open();

                    // 猫データマスタを取得してコンボボックスに設定する
                    using (DataContext con = new DataContext(conn))
                    {
                        String searchName = this.search_name.Text;
                        String searchKind = (this.search_kind.SelectedValue as Kind).KindCd;

                        // データを取得
                        Table<Cat> tblCat = con.GetTable<Cat>();

                        // サンプルなので適当に組み立てる
                        IQueryable<Cat> result;
                        if (searchKind == "")
                        {
                            // 名前は前方一致のため常に条件していしても問題なし
                            result = from x in tblCat
                                     where x.Name.StartsWith(searchName)
                                     orderby x.No
                                     select x;
                        }
                        else
                        {
                            result = from x in tblCat
                                     where x.Name.StartsWith(searchName) &amp; x.Kind == searchKind
                                     orderby x.No
                                     select x;

                        }
                        this.dataGrid.ItemsSource = result.ToList();

                    }

                    conn.Close();
                }
            }

データ追加(INSERT)
追加ボタンのクリックイベントに処理を実装します。

MainWindow.xaml.cs

            /// <summary>
            /// 追加ボタンクリックイベント
            /// </summary>
            /// <param name="sender"></param>
            /// <param name="e"></param>
            private void add_button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
            {
                logger.Info("追加ボタンクリック");

                // 接続
                using (var conn = new SQLiteConnection("Data Source=SampleDb.sqlite"))
                {
                    conn.Open();

                    // データを追加する
                    using (DataContext context = new DataContext(conn))
                    {
                        // 対象のテーブルオブジェクトを取得
                        var table = context.GetTable<Cat>();
                        // データ作成
                        Cat cat = new Cat();
                        cat.No = 5;
                        cat.Name = "こなつ";
                        cat.Sex = "&#x2640;";
                        cat.Age = 7;
                        cat.Kind = "01";
                        cat.Favorite = "布団";
                        // データ追加
                        table.InsertOnSubmit(cat);
                        // DBの変更を確定
                        context.SubmitChanges();
                    }
                    conn.Close();
                }
                // データ再検索
                searchData();
                MessageBox.Show("データを追加しました。");
            }

今回は簡単に試してみたかったので
フォームを用意せずに固定でデータを追加します。

image

image

データ更新(UPDATE)

更新ボタンのクリックイベントに処理を実装します。

            /// <summary>
            /// 更新ボタンクリックイベント
            /// </summary>
            /// <param name="sender"></param>
            /// <param name="e"></param>
            private void upd_button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
            {
                logger.Info("更新ボタンクリック");

                // 選択チェック
                if (this.dataGrid.SelectedItem == null)
                {
                    MessageBox.Show("更新対象を選択してください。");
                    return;
                }

                // 接続
                using (var conn = new SQLiteConnection("Data Source=SampleDb.sqlite"))
                {
                    conn.Open();

                    // データを追加する
                    using (DataContext context = new DataContext(conn))
                    {
                        // 対象のテーブルオブジェクトを取得
                        var table = context.GetTable<Cat>();
                        // 選択されているデータを取得
                        Cat cat = this.dataGrid.SelectedItem as Cat;
                        // テーブルから対象のデータを取得
                        var target = table.Single(x => x.No == cat.No);
                        // データ変更
                        target.Favorite = "高いところ";
                        // DBの変更を確定
                        context.SubmitChanges();
                    }
                    conn.Close();
                }

                // データ再検索
                searchData();

                MessageBox.Show("データを更新しました。");
            }

今回は簡単に・・・(略

image

image

データ削除(DELETE)
削除ボタンのクリックイベントに処理を実装します。

MainWindow.xaml.cs

            /// <summary>
            /// 削除ボタンクリックイベント
            /// </summary>
            /// <param name="sender"></param>
            /// <param name="e"></param>
            private void del_button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
            {
                logger.Info("追加ボタンクリック");

                // 選択チェック
                if (this.dataGrid.SelectedItem == null)
                {
                    MessageBox.Show("削除対象を選択してください。");
                    return;
                }

                // 接続
                using (var conn = new SQLiteConnection("Data Source=SampleDb.sqlite"))
                {
                    conn.Open();

                    // データを削除する
                    using (DataContext context = new DataContext(conn))
                    {
                        // 対象のテーブルオブジェクトを取得
                        var table = context.GetTable<Cat>();
                        // 選択されているデータを取得
                        Cat cat = this.dataGrid.SelectedItem as Cat;
                        // テーブルから対象のデータを取得
                        var target = table.Single(x => x.No == cat.No);
                        // データ削除
                        table.DeleteOnSubmit(target);
                        // DBの変更を確定
                        context.SubmitChanges();
                    }
                    conn.Close();
                }

                // データ再検索
                searchData();

                MessageBox.Show("データを削除しました。");
            }

削除は単純ですね。

image

image

まとめ
前回に引き続き、LINQを使ってのデータ追加、更新、削除をしてみましたが
分かってしまえばとても楽に実装できるもんですね。

もう少し複雑なことをやろうとしたら
またそれなりに学ぶ必要がありそうですが、しばらくさわってみようと思います。

ではでは。

Originally published at www.doraxdora.com

doraxdora

IT関係の仕事をしています/1985年生まれの東京在住/便利なサービスやツール漁りや料理などが好き/2017年~ブログやってます/自分でサービスとか作ってリリースしたい/何かありましたらお気軽にDMどうぞ

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!

ボードとは?

関連記事

コメント