2018-09-24に更新

angular-cliでAoTによる高速化

Angular2はAoTというものがあり、動作を高速化することができる。

他の記事で色々設定が必要というものを見かけるが、angular-cliを使っている場合は元々機能があるのですぐ有効化することができる。

ng build --prod --aot

で有効化できるし、そもそも最新のangular-cliだとデフォルトで有効化されているため --aot オプションは不要。

Angular2.2から2.4にしてangular-cliも最新にしてみたところ、元々ビルドされたmain.jsが90MBほどあったものが800kBほどに最適化された。
スマホで10秒近くかかっていた初期化も改善された。

古いバージョンを使っている人は早めに最新バージョンに変更した方が良い。

ただ、色々と別のパッケージを使っていると思うが、それらはバージョンが合わないと動作しなかったりする。
自分もng2-tag-input0.8.5だと動かないので0.8.0にしたら動作したし、
ネット上の情報だと他にも同様のエラーがでるパッケージがある。
色々とバージョンの調整は必要。


だら@Crieit開発者

Crieitの開発者です。 主にLAMPで開発しているWebエンジニアです(在宅)。大体10年程。 記事でわかりにくいところがあればDMで質問していただくか、案件発注してください。 業務依頼、同業種の方からのコンタクトなどお気軽にご連絡ください。 業務経験有:PHP, MySQL, Laravel5, CakePHP3, JavaScript, RoR 趣味:Elixir, Phoenix, Node, Nuxt, Express, Vue等色々

Crieitはαバージョンで開発中です。進捗は公式Twitterアカウントをフォローして確認してください。 興味がある方は是非記事の投稿もお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか
関連記事

コメント