2015-02-20に投稿

cocos2d-jsのccui.ListViewを使う

cocos2d-jsのccui.ListViewを使う。
これもcocos studioのために使われているクラスで、
要素を追加していくと自動的に並べてフリックでスクロールできるようにしてくれるすごい便利アイテム。

|javascript|
var list = new ccui.ListView();
list.setDirection(ccui.ScrollView.DIR_VERTICAL);
list.setBounceEnabled(true);
list.setAnchorPoint(cc.p(0, 0));
list.setItemsMargin(4);
list.setContentSize(winSize.width, winSize.height - mainUI.getHeaderHeight());
||

要素を追加するのは

|javascript|
list.pushBackCustomItem(text);
||

pushBackCustomItemには、LabelTTFとかは使えない。
同じくcocos studioの例えばccui.Textやccui.Buttonとかなら大丈夫。

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

だら@Crieit開発者

Crieitの開発者です。 Webエンジニアです(在宅)。大体10年ちょい。 記事でわかりにくいところがあればDMで質問していただくか、案件発注してください。 業務依頼、同業種の方からのコンタクトなどお気軽にご連絡ください。 業務経験有:PHP, MySQL, Laravel, Vue.js, React, Node, RoR 趣味:Elixir, Phoenix, Nuxt, Express, GCP, AWS等色々

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!
ボードとは?

関連記事

コメント