2018-10-25に更新

cocos2d-xのfbx-convをlinuxで実行

cocos2d-xはlinuxにもインストールできる。
しかし、一緒にインストールされる3Dモデルのコンバートツールであるfbx-convはWindows用とmac用のものしか付属していない。

wineで動くと良いかと思ったがうまく動かないのでlinuxでビルドを試してみた。OSはLinux Mint18

基本的には下記のとおりだが、順番や不足があるので補足してみる。

Fbx-conv tool source code - Extensions - Cocos2d-x Forums

FBX SDKをインストール

前提としてFBX SDKが必要なので、下記でダウンロード。

Autodesk | 3D Design, Engineering & Entertainment Software

付属のテキストに書かれているように、インストールするパスを指定して実行するだけ。

./fbx20160_fbxsdk_linux /usr/local/lib/fbx-conv

fbx-convをビルド

下記をclone

GitHub - cocos2d-x/fbx-conv

export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib/fbx-conv/lib/gcc4/x64/release/libfbxsdk.so
export FBX_SDK_ROOT=/usr/local/lib/fbx-conv/lib/gcc4/x64/release

src/modeldata/Node.hに下記を追加

#include <algorithm>

src/modeldata/FileIO.cppに下記を追加

#include <string.h>

あと実際の実行時にもライブラリへのパスが通っていないといけないので、
/etc/ld.so.conf.d/fbx-conv.confを作成して

/usr/local/lib/fbx-conv/lib/gcc4/x64/release

を書いておく。
このconfファイルを作成したら

ldconfig

で設定を反映させる。

Makefileを作成するため、

./generate_makefile

するとbuild/gmake/fbx-conv.makeが作成されるので、この中の最初のCFLAGSを下記に書き換える。

CFLAGS    += $(CPPFLAGS) $(ARCH) -g -w -std=c++11

あとはbuild/gmakeフォルダでmake。するとcloneしたフォルダの直下にfbx-convが作成される。
ここに実行パスを通しておけば良い。

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

だら@Crieit開発者

Crieitの開発者です。 Webエンジニアです(在宅)。大体10年ちょい。 記事でわかりにくいところがあればDMで質問していただくか、案件発注してください。 業務依頼、同業種の方からのコンタクトなどお気軽にご連絡ください。 業務経験有:PHP, MySQL, Laravel, Vue.js, React, Node, RoR 趣味:Elixir, Phoenix, Nuxt, Express, GCP, AWS等色々

Crieitは個人で開発中です。 興味がある方は是非記事の投稿をお願いします! どんな軽い内容でも嬉しいです。
なぜCrieitを作ろうと思ったか

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください!
ボードとは?

関連記事

コメント