2024-02-02に投稿

植物由来飲料産業の動向、洞察、分析レポート - 2024-2036年の世界予測

植物ベースの飲料 市場分析
健康問題に対する懸念が高まる中、植物ベースの飲料が食事の問題に対する世界的な解決策として浮上しています。世界的に、植物ベースの飲料市場は、より健康的なライフスタイルへの着実な移行によって推進されています。栄養素が豊富な植物ベースの飲料は環境的にも持続可能であり、従来の乳製品の代替品に対する需要の高まりに対応しています。より健康的なライフスタイルと健康を意識した選択が個人に深く浸透している日本では、植物ベースの飲料が堅調な成長を遂げています。

image

無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-61589

植物ベースの飲料市場セグメンテーション
当社は、植物ベースの飲料市場に関連するさまざまなセグメントにおける需要と機会を説明する調査を実施しました。タイプ、パッケージングごとに市場を分割しました。植物ベースの飲料市場は、タイプに基づいて、ミルク、その他にさらに分類されています。 これらのうち、ミルクサブセグメントは、予測期間中に最大の市場シェア約 55% を保持すると予想されます。植物ベースのミルクは、ノッグ、スムージー、シェイクなどの他の飲料と比較して製品の提供が多いため、他の飲料と比較した場合、植物ベースのミルクの需要が高くなります。

植物ベースの飲料市場の傾向分析と将来予測:地域概要
世界の植物ベースの飲料市場分析によると、アジア太平洋地域は、予測期間中に市場収益の最大25%の市場シェアを保持するはずです。市場の成長は主に、この地域の新興経済国におけるこれらの製品の認知度によるものです。個人の可処分所得の増加により、人々はさまざまな種類の植物性飲料市場ベースの飲料を購入する能力を持っています。韓国では、植物ベースの食事を採用する人の増加により、この市場が拡大しています。

植物ベースの飲料 調査の場所
北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド。

原資料: SDKI Inc 公式サイト

ツイッターでシェア
みんなに共有、忘れないようにメモ

hina miyazu

SDKIマーケットリサーチという、企業の市場調査を行う会社で働いているhina miyazuと申します。また、関連する分野での今後の展開も予測しています。

Crieitは誰でも投稿できるサービスです。 是非記事の投稿をお願いします。どんな軽い内容でも投稿できます。

また、「こんな記事が読みたいけど見つからない!」という方は是非記事投稿リクエストボードへ!

有料記事を販売できるようになりました!

こじんまりと作業ログやメモ、進捗を書き残しておきたい方はボード機能をご利用ください。
ボードとは?

コメント